スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アンタイトル』飛鳥井千砂


31歳の桃子は実家暮らしで未婚。自分の中で培ってきたルールを厳格に守り、家族や勤めている会社の人間にも一切スキを見せることなく暮らしている。「ある秘密」をのぞいては…。現代女性の生き方を繊細な筆致で描き、高い評価を得てきた著者による、新しい家族小説。


<評価>★★★★☆
飛鳥井さんの作品だったので、本屋でみつけてすぐ購入しました。でもいつもの飛鳥井さんの作風と違う!って思いました。帯に「ルールは絶対に犯さない 子供の頃から、ずっと。」とあったので、どんなお話なんだろう?とドキドキしながら読みました。

主人公・桃子31歳。未婚で実家暮らしです。もうね、何もかもがしっかりしているんですよね。会社ではきっちり仕事をこなし、帰ってきたら家族のためにご飯を作る。でも自分の部屋の引き出しの中にお酒を隠していたりして、どこか危うげなんですよね。普通にリビングで飲めばいいのにって思いました。他人に決してスキをみせません。そんな桃子だけど、唯一道を外していることといえば、長年不倫をしているということ。しかしその不倫にさえ、厳格なルールをしいています。

そんな桃子のもとに、長らく音信普通だった弟から電話があり、弟が彼女をつれてきます。この彼女がとっても今時で、桃子は不快感をあらわにします。しかし不倫をしているホテルで偶然その彼女と会ってしまい・・・だんだん桃子が壊れていきます。痛々しかったですね。

自分がきっちりしているから周りの人のだらしなさが許せないんですよね。父親の仕事のことだったり、母親のお金の使い道とか、弟の彼女のルーズさとか。もっとなあなあでいいんじゃないかなあって思わずにはいられません。

ラストがこんな終わり方!っていう終わり方でびっくりしました。救いがない。。

『本棚探偵の生還』喜国雅彦


本棚探偵は古本を求め、ついに世界へと旅立った。行先は台湾!ロンドン!もちろん聖地・神保町も忘れてはいない。マラソンが新たな趣味に加わった著者は、古本とマラソンを一度に愉しもうと、古書店で本を買いながら八王子を目指す(「マラ本マン」)。このシリーズでお馴染みのアノ人の蔵書整理もあり(「二つの本の引っ越し」「奇遇な交差点」)。さらにパワーアップした古本エッセイ第3弾。


<評価>★★★★☆
喜国さんの古本エッセイ3冊目。「冒険」「回想」ときて今回の「生還」です。シャーロックホームズシリーズのタイトルですね。本書は本屋さんをぶらぶらしていてはっと気づいて買いました。アマゾンで調べていたらなんと最終巻「最後の挨拶」も出ているではないですか!読まないと。

今回も面白かった。お風呂でも読める文庫本、フロンティア文庫のラインナップがなかなか良くて、買おうと思って検索したら、ほとんどどこも売り切れだった・・・残念です。マラソンしながら古本を買うまら本マン。マラソンかー、えらいなあ。でも本って重いし、リュックに入れるとしても大変そうだな、なんて思いながら読みました。こんな企画、喜国さんならではですよね。一番興味深かったのは古書収集マニアの日下邸を訪問した回かな。こんな本だらけの家があるなんて!遊びにいきたい。片付け手伝いたいです。でも、自分はここまではなりたくないです・・電話まで本に埋もれてるなんて。。本棚を整理しようと思いました。

本を読むためだけに電車にのるという只見線、読書の旅も笑いました。真面目に読もうとしている喜国さんをしりめに、車掌さんやメーテルのコスプレをする仲間たち。楽しすぎます。本を読むための電車や旅・・すごく贅沢で素敵です。私も一回でいいからやってみたいなあ。こうゆうゆるめのお馬鹿なエッセイって楽しいです。

『ロスジェネの逆襲』池井戸潤


子会社・東京セントラル証券に出向した半沢直樹に、IT企業買収の案件が転がり込んだ。巨額の収益が見込まれたが、親会社・東京中央銀行が卑劣な手段で横取り。社内での立場を失った半沢は、バブル世代に反発する若い部下・森山とともに「倍返し」を狙う。一発逆転はあるのか?大人気シリーズ第3弾!


<評価>★★★★★
安定の面白さです。ワクワクしながら読みました。前回でちょっとやりすぎちゃった半沢。今回は出向になります。東京セントラル証券という会社です。そこにもちこまれた電脳雑技集団という会社からの買収の案件。大きな収益がみこまれたのですが、なんと親会社の東京中央銀行に横取りされてしまいます。

今回の倍返しも興味深かったです。子会社が親会社と対決するっていうのは現実的じゃないかもしれませんが、そこは池井戸さんの筆でノリノリで描かれています。今回はロストゼネレーションといわれる世代の森山が登場します。森山の成長物語として読んでもおもしろいです。半沢が森山に語ったないようが素晴らしかったです。

ラストの半沢の人事の場面では、悪役が最後までしつこく悪役でおかしかったです。半沢が拍手で迎え入れられた場面では、胸があつくなって涙がうっすらでそうでした。これはいつまでも続いて欲しいシリーズです。

『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる』野村美月


バスケの強豪校で練習に打ち込んでいた詩也。けれどある日、彼は人ではないものになってしまった…。人を遥かに超える身体能力を得たため、バスケも続けられず転校したその先で、詩也はマリア様を思わせる綺麗な先輩に出会い、告げられる。「わたしと、おつきあいしてください」―つれていかれた先は演劇部。そこで詩也は、何と先輩のパートナーとしてドラキュラを演じることになってしまい…!?ドラマティック青春ノベル、ここに開幕!!


<評価>★★★★☆

久々のライトノベルです。野村さんは「文学少女」シリーズがとっても好きだったので、こちらも気になって読んでみました。青春ものですね。相変わらず文章がとても綺麗で読みやすかったです。

バスケが大好きでバスケの事しか頭になかった高校生の詩也。ある日通り魔に刺されて死のふちをさまよいます。そんな時、赤い目をした少女に助けられ、なんと吸血鬼になってしまうのです。抜群の身体能力、嗅覚、視覚、永遠の命を授かります。そんな自分に詩也は苦しみます。バスケが楽しくなくなってしまったのです。そこで転校をし、新しい環境に身をおきます。そこである日天使のような先輩、綾音先輩に出会い、演劇部に誘われ、ドラキュラの役をやることになったのです。

もう、綾音先輩がすごく心が綺麗で、文学少女の遠子先輩を少し思い出しました。永遠に死ぬことができなくなったと嘆いている詩也に綾音先輩は「私が殺してあげる」と叫びます。劇の中で殺してあげるという意味です。最初はものすごく大根だった詩也がだんだん演劇の面白さに気づき、上手になっていくところが爽快でした。ラストの劇本番もすごくよかった。永遠の命をさずかったという事は、永遠に誰かを愛することができるということなのですね。

今回のシリーズは演劇が舞台です。演劇を観にいきたくなっちゃいますね。続きも読みます。

『オレたち花のバブル組』池井戸潤


「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。


<評価>★★★★★
今回も満点です。やはり面白かったです。息もつかせぬ展開とはこうゆうことですね。いや~テンポが素晴らしいです。今回の敵はお上、金融庁検査です。検査は抜き打ちという建前があるものの、事前に漏れます。これがあの有名なノーパンしゃぶしゃぶ接待だったんですね。ぼんやりとですが覚えています。金融庁の黒崎が、しゃべり方がかなりオネエ言葉で、嫌さ倍増でした。最後半沢たちが隠した疎開資料が見つかるってところはドキドキしながら読みましたが、さすが半沢、返り討ちにしてくれます。読んでてほんっと気持ちいい。明日からも頑張ろうって思えます。

前回から心配だった近藤さん。心の病でエリートコースから外され、タミヤ電機に出向となります。銀行さんと呼ばれ、なかなか仲間に入れてもらえません。でも近藤は負けませんでした。三千万の不透明な融資をみつけ、その内実を明らかにしていきます。最後に近藤がみせた決断・・これは賛否両論ありそう。でもでも、近藤をいっさい責めなかった半沢はかっこよかったです。

半沢の奥さんの花の気の強さ、天真爛漫さがなんだかふふと笑えます。密かに好きなキャラです。
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。