スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マザー』平山瑞穂

マザーマザー
(2010/05/26)
平山 瑞穂

商品詳細を見る

<評価>★★★★☆
彼はこの世界から消されてしまったのか!?
高校卒業と同時に上京した佐川夏実は、メジャーデビューの夢に向け、
吉祥寺でストリートライブをしている。そこで演奏する楽曲『不在証明』では、
おぼろげな記憶の中にいる彼のことを歌う。彼との写真はあるが、それが誰なのか夏実には思い出せないのだった。
一方、吉祥寺の私大に通う伊神雄輝は、自ら主宰するサークルで、世間に流布する
数多の“都市伝説”の謎を究明していた。もっぱら最近の話題は、「イレイザーヘッド」により
記憶を消されるというものだったが、あるとき雄輝の携帯に奇妙なソフトが届く。
それを使えば、誰でも「理想の人物」を生み出すことができるというのだ。この都市伝説は単なる噂なのか、それとも……。
著者渾身の最長編にして代表作が誕生!

作品を描く度に、新しい世界を読ませてくれる平山さん。今回もとっても面白かったです。今回は巷でささやかれている都市伝説が本当だったら?という世界。私、都市伝説って興味津々なんです。秘密結社「フリーメイソン」とか、アメリカは実は宇宙人とコンタクトをとっている・・とか。こうゆうのを特集してるテレビがあると、じーっと見てしまいます。

本書に出てくる都市伝説は、「理想の人、人造ソフト」・・ある日メールが届き、開いてみるとあるソフトが勝手にダウンロードされ、自分にとって理想の人間を生み出す事ができる。「イレイザーヘッド」・・誰かが、理想の人を新しく生み出した事によって、ある人が消えて、その周りの人の記憶も消えてしまう。というもの。

理想の人を作れたら・・なんて、ついいろいろ想像しちゃいます。だけれど、理想に上書きされたその人物は、その人らしさを失われちゃう訳で・・結局、物足りなさを感じちゃったりするんですよね。きっと。嫌な所、駄目な所も含めての人間なんだから。

大学で都市伝説のサークルを主催している男性が主人公なんだけど、「理想の人 人造ソフト」の謎を追って、忙しくしている主人公の彼女が、会えなくても約束をドタキャンされてもけして怒らない、常に穏やかで優しい彼女なんです。この時点で、よみながらもしかして・・・というドキドキ感がありました。

「ラスマンチャス通信」といい、「プロトコル」といい、「忘れないと誓った僕がいた」など、平山作品は物凄くバラエティに溢れていて、目が離せない作家さんなのです。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』8巻伏見つかさ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 8 (電撃文庫 ふ 8-13)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 8 (電撃文庫 ふ 8-13)
(2011/05/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

<評価>★★★★★
「私とつきあってください」新たな局面を迎えた恋愛模様。そして・・「きょうちゃん。----怒るよ?」「貴様等、そこに並んで正座しろ!」「恋人ができたそうですね、お兄さん」俺の全方位土下座外交が幕を開けた。幼馴染に三年ぶりのマジギレ予告をされたり、あやせに火あぶりにされかけたり--「五更日向です。--こっちは末っ子の珠希」新たな登場人物も加わって高校生活最後の夏休みは毎日が大騒動だ。  そんなある日、黒猫が「運命の記述」と題された預言書を見せてきて・・?預言書に秘められた少女の‘願い‘とは!?兄妹の関係にも一大転機が訪れる。

今日、夫が本書をプレゼントしてくれました。嬉しい。半年間ずっと待ってました。このシリーズは、文学少女の次に好きなシリーズです。 前の巻のラストで「ええーー!!」となったけど、一途な黒猫の告白を前に、京介はしばし迷いますが、幼馴染や妹から励まされ、交際がスタートしましたね。はじめて異性と付き合う二人のドキドキ感が読んでいて胸がきゅーんとなりました。なんて清い交際なんでしょう。素敵です。黒猫のファンになっちゃいそうです。ラストで、黒猫の転校というイベントにはかなり驚きましたが、無事、桐野の心のモヤモヤも解消出来たみたいだし、黒猫が京介を好きな気持ちも嘘ではなかったと分かったので、一安心。周り回って一番最初に戻った感じです。良かったーー。これで最終巻じゃなくて。まだまだ続きそうなので、次巻が待ち遠しいです。とにかく私は、黒猫の大ファンになっちゃいました。黒髪っていう所もツボです。

「流星の絆」 東野圭吾

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。
「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」
14年後―彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった

以前に、スーパーでハヤシライス”流星の絆バージョン”なる商品が販売されていると噂で聞いて、
かなり気になっていた作品。
東野さんの作品は良くも悪くもスラスラと読めちゃう。
幼い頃に両親を殺害され、辛い幼少時代をおくったであろう兄達と妹。
自分達が詐欺にあった事により、騙される方よりも騙す方になろうと、
詐欺師になってしまうんです。切ない・・。

読んでいると、とにかくハヤシライスを食べたくなります。
今度、ハヤシライスを作る時には、絶対に隠し味に醤油を入れなくては。

興味深く読んでいたのだけれど、ラストが、なんとなく全員が善人に描かれているような
気がして、少しだけがっかりかな。
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。