スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヒア・カムズ・ザ・サン』有川浩


真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。わずか7行のあらすじから誕生した二つの小説。大切な人への想いが、時間と距離を超え、人と人とを繋げていく。有川浩meets演劇集団キャラメルボックス。小説×演劇の全く新しいクロスオーバーから生まれた物語の光。


<評価>★★★☆☆

相変わらずのぐいぐい読ませる筆力は健在でした。面白かったし、結構感動したけれど、今までの有川作品に比べると、ちょっと世界観にのめりこめませんでした・・・。主人公がサイコメトラーという設定は面白いと思ったんですけどね。

でもさすが有川さん、人間の持つ弱い部分や、それを認めて欲しいと願う身近な人たちの心模様が詳しく書き込まれていて続きがとても気になり、最後まで読了できました。『空飛ぶ広報室』に期待します。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。