スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ささやかな永遠のはじまり』盛田隆二

ささやかな永遠のはじまり (角川文庫)ささやかな永遠のはじまり (角川文庫)
(2011/01/25)
盛田 隆二

商品詳細を見る

園田花織は出版社で編集総務を担当する25歳。新雑誌の創刊準備に迫われながらも、大手電機メーカーに勤める岡島との結婚を控え、公私ともに充実の毎日を過ごしていた。しかし、挙式直前に岡島の女性問題が発覚、絶望のなか花織は別れを決断する。悲しみを忘れるべく仕事に打ち込むなか、花織は新雑誌の編集長、白石の優しさに癒され、そして恋に堕ちていく―。ベストセラー『夜の果てまで』の著者が描く、切なく狂おしい“純愛”傑作長編。


<評価>★★★★☆
『夜の果てまで』や『ありふれた魔法』を読んでいつも思うのは、団塊の世代の為のお話。ロマンス。特に男性の為の。盛田作品にはそうゆう世代の共感や羨望があると思う。私は30代だけれども、盛田さんの作品はついつい本屋で買ってしまう。なんてゆうか、心根が真っ直ぐな女性が出てくるので、自分もそのような女性になったつもりで陶酔して読むのです。

主人公は園田花織。25才。出版社勤務。婚約者の悠介は、優しいし、エリートだし、容姿も良くて、完璧な婚約者。だけれど花織は結婚ってこんなものなのかな~という漠然とした不安を抱えているんです。実はその時点で婚約破棄したほうがよかったんですよね。いくら条件が良くても、ときめきや尊敬がないと結婚してはいけないと思うのです。もちろん結婚前に、悠介の女関係の嫌な部分を見てしまい、結婚はなかったことになります。

なんとなく落ち込んでいた時に自然と心が寄り添っていったのは、同じ部の編集長の白石だったのです。同じ会社で働いていて、上司が凄く素敵な人で、ちょっとでも自分にだけ愚痴なんてものをこぼされた日には、そりゃあ恋に落ちると思います。ただ、白石は妻子持ち。う~ん。苦しいですよね。ここで気持ちをバッサリきれたらいいのだけど、花織はどうしてもきることが出来ず、白石と秘密の交際が始まります。

白石は編集長なので、とても忙しい。だから2人で過ごす時間は少ししかないんです。もっと遭いたい!とヤキモキしながらも花織は愚痴ひとつ言いません。もちろん奥さんと別れてなんても言わないのです。まあ、私だったとしても別れてとかは言わないというか言えないと思う。相手が大変になるのが目に見えてるから。

一回は2人はお互いのために別れを決めて友達に戻るのですが、そんな時に白石に病魔の手が・・。

ラストまで読んで、私だったら、その選択は出来なかったかも・・と正直思いました。肉体的にも精神的にも経済的にもとても大変な選択なんですもの。。でも、花織はすごく幸せなんだろうなあ。しんみりと幸せな気分になりました。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。