スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さえずる舌』明野照葉

さえずる舌
<評価>★★★★☆
産業カウンセラーとして、ヒーリングスタジオなども運営する友部真幌。スタッフに新たに加えた島岡芽衣は、知性、美貌すべてにおいて抽んでた存在だった。芽衣の力で売り上げも伸び、順調に見えた職場であったが、次第にスタッフ間に歪みが生まれる。歪みの真相を探る真幌は、予想すらできなかった恐るべき存在を知る!人が持つ「病い」を鋭く抉る、書下ろし傑作。

似たような作風なのだけど、いつも面白く、興味深く読んでいる明野作品。今回も非常に面白かったです。

産業カウンセラーとして、ヒーリングスタジオを運営している真幌。夫の手助けもあって、順風満帆といったところ。少々忙しいというのが悩みといえば悩み。でもそれは喜ばしいこと。ある時、真幌が開催する講座に聴講に来ていた島岡芽衣という女性をスタッフとして仕事仲間になってもらいます。芽衣は、美人で知性もあり、スタジオもお客が増えます。それを嬉しいと感じつつも、少しづつ奇妙な違和感が真幌につきまとうのです。お客さんにプレッシャーというか緊張を与えているみたいなのです。変な服装をしていったら芽衣に眉をひそめられるのではないか、、というような雰囲気を出しているのです。

ヒーリングスタジオの単なるスタッフとして雇っただけなのに、芽衣はどんどん奇妙な行動を起こすのです。真幌の夫の仕事場に勝手に出かけて手伝ったり。。善意といえども、なんだか怖いですよね。いつの間にか主人公が入れ替わってしまうような。他のスタッフにも影響を及ぼし、お店を辞めていく人も出てきます。

芽衣に、いつか真幌がやられてしまいそうで、ハラハラものでした。芽衣にとっては、会社も人間関係も、新しい玩具のようなもの。徹底的に遊ぶだけ遊ぶと、ポイっと放り投げちゃうみたいな。

最後は、そこまで怖くはなかったけれど、居ないようで居そうな芽衣という人間が怖くて、薄ら寒い思いがしました。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。