スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『汝の名』 明野照葉

汝の名 (中公文庫)汝の名 (中公文庫)
(2007/06)
明野 照葉

商品詳細を見る


若き会社社長の麻生陶子は、誰もが憧れる存在。だが、その美貌とは裏腹に、「完璧な人生」を手に入れるためには、恋も仕事も計算し尽くす女だ。そんな陶子には、彼女を崇拝し奴隷の如く仕える妹の久恵がいた。
しかし、ある日から、二人の関係が狂い始め、驚愕の真実が明らかになっていく・・・。

『25時のイヴたち』を読んで、とても気になり始めたのが、明野さん。
本書も、とても面白かったです。太陽のように輝く、女社長の陶子と、陶子に生活をさせて
もらっている地味な久恵。日夜あらゆる努力をして、美貌にお金に地位を手にしている陶子だが、
帰宅すると、一日のストレスを久恵にぶつけて精神的バランスを保っているんです。
全てを手に入れたように見える女性でも、こうゆう醜い部分があるなんて怖い。
本書を読んでいると、つい、「経済力って大事なんだな」なんて感じてしまうのです。
女の友情(歪んではいますが)が駄目になる時って、やはり男性が現れた時なんだな。
久恵に薬を飲まされて、軟禁状態にある陶子が這い上がる場面は、読んでいて
気持ちが良かったです。欲を持つって、怖い事だと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。