スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『恋愛小説』椰月美智子


23歳の美緒には、大好きな彼の健太郎がいる。かっこよくて、優しくて、結婚するだろうなと思っている彼が。しかし、サスケと寝てしまった。気が合う同士、会ってるだけだからいいじゃん、と思っていたが―。好意、愛情、執着、秘密、嫉妬…。恋愛の感覚、感情のすべてが描かれた恋愛大河叙事小説。


<評価>★★★★☆
帯に「溶けるほど甘くて最高に辛口なラブストーリー」とあって、椰月さんが書く恋愛ものってどんなだろう?とワクワクしながら読みました。第三者の視点で淡々と語られていく感じが、新しいなあと思いました。

主人公、23歳美緒。美緒には健太郎という優しくてイケメンで申し分のない彼氏がいます。いずれ結婚するだろうと予感もしています。なのに美緒はサスケと浮気してしまうんですね。そして浮気相手のサスケの方に気持ちがいっちゃうんです。健太郎とは穏やかな恋愛、サスケとはドキドキワクワクして笑いが止まらなくなるような恋愛という感じでしょうか。美緒にはあんまり共感できないんですけど、若いってこうだよなー、自分勝手だよなーと思わされました。女性に嫌われるであろう美緒をここまで天真爛漫に堂々と描ききった椰月さんはすごいと思う。読者に全然こびてない。サスケと美緒が付き合い始めてからは美緒は簡単に健太郎と浮気しちゃうし、サスケもサスケで浮気するしで・・若さ爆発ってところでしょうか。少しついていけませんでした。

ラストはこうなるだろうなー。結局美緒は幸せ掴んだんだ?って感じました。どんなに好きあってても、小さなほころびから駄目になっちゃうんだなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。