スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アンタイトル』飛鳥井千砂


31歳の桃子は実家暮らしで未婚。自分の中で培ってきたルールを厳格に守り、家族や勤めている会社の人間にも一切スキを見せることなく暮らしている。「ある秘密」をのぞいては…。現代女性の生き方を繊細な筆致で描き、高い評価を得てきた著者による、新しい家族小説。


<評価>★★★★☆
飛鳥井さんの作品だったので、本屋でみつけてすぐ購入しました。でもいつもの飛鳥井さんの作風と違う!って思いました。帯に「ルールは絶対に犯さない 子供の頃から、ずっと。」とあったので、どんなお話なんだろう?とドキドキしながら読みました。

主人公・桃子31歳。未婚で実家暮らしです。もうね、何もかもがしっかりしているんですよね。会社ではきっちり仕事をこなし、帰ってきたら家族のためにご飯を作る。でも自分の部屋の引き出しの中にお酒を隠していたりして、どこか危うげなんですよね。普通にリビングで飲めばいいのにって思いました。他人に決してスキをみせません。そんな桃子だけど、唯一道を外していることといえば、長年不倫をしているということ。しかしその不倫にさえ、厳格なルールをしいています。

そんな桃子のもとに、長らく音信普通だった弟から電話があり、弟が彼女をつれてきます。この彼女がとっても今時で、桃子は不快感をあらわにします。しかし不倫をしているホテルで偶然その彼女と会ってしまい・・・だんだん桃子が壊れていきます。痛々しかったですね。

自分がきっちりしているから周りの人のだらしなさが許せないんですよね。父親の仕事のことだったり、母親のお金の使い道とか、弟の彼女のルーズさとか。もっとなあなあでいいんじゃないかなあって思わずにはいられません。

ラストがこんな終わり方!っていう終わり方でびっくりしました。救いがない。。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。