スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロスジェネの逆襲』池井戸潤


子会社・東京セントラル証券に出向した半沢直樹に、IT企業買収の案件が転がり込んだ。巨額の収益が見込まれたが、親会社・東京中央銀行が卑劣な手段で横取り。社内での立場を失った半沢は、バブル世代に反発する若い部下・森山とともに「倍返し」を狙う。一発逆転はあるのか?大人気シリーズ第3弾!


<評価>★★★★★
安定の面白さです。ワクワクしながら読みました。前回でちょっとやりすぎちゃった半沢。今回は出向になります。東京セントラル証券という会社です。そこにもちこまれた電脳雑技集団という会社からの買収の案件。大きな収益がみこまれたのですが、なんと親会社の東京中央銀行に横取りされてしまいます。

今回の倍返しも興味深かったです。子会社が親会社と対決するっていうのは現実的じゃないかもしれませんが、そこは池井戸さんの筆でノリノリで描かれています。今回はロストゼネレーションといわれる世代の森山が登場します。森山の成長物語として読んでもおもしろいです。半沢が森山に語ったないようが素晴らしかったです。

ラストの半沢の人事の場面では、悪役が最後までしつこく悪役でおかしかったです。半沢が拍手で迎え入れられた場面では、胸があつくなって涙がうっすらでそうでした。これはいつまでも続いて欲しいシリーズです。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。