スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オレたちバブル入行組』池井戸潤


大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。


<評価>★★★★★
めちゃくちゃ面白かった!!テレビ放送されてたときは何故か興味がわかなくて見なかったんだけど、これは面白い!!視聴率良かったのも納得です。いやあ、勧善懲悪ものって読んでいてスッキリしますね。明日からも頑張ろうって思えます。

バブルのころの就職活動ってこんなだったんですねー。協定破りとか囲い込みとか。かなりうらやましいー。でも半沢直樹が足を踏み入れた世界は一筋縄ではいかない銀行という世界。上司の浅野が強引に融資を決めてしまった西大阪スチール会社。しかしその会社は粉飾をしていて・・融資課長の半沢に責任のほこさきが向いてきます。でも半沢は負けません。地道な捜査をして西大阪スチールの東田社長の悪事を見破っていきます。銀行員ってここまでするんだーという驚きがいっぱいでした。竹下金属の竹下さんもいい味だしてました。

東田社長の悪事に手をかしていたある人物をおいつめるところなんかほんと倍返しって感じでドキドキしながらよみました。読みやめられない小説でした。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。