スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『私の骨』高橋克彦


実家の床下から偶然見つかった古びた骨壷には、なぜか私の生年月日が記されていた……。旧家に残る恐るべき因習と哀しいまでの親心を描いた表題作をはじめ、心理の奥底に潜む恐怖を通して人間の本質に迫る傑作ホラー短編集。「私の骨」「ゆきどまり」「醜骨宿」「髪の森」「ささやき」「おそれ」「奇縁」の珠玉の七編を収録。


<評価>★★★★☆
ネットのお友だちが読んでいて、すごく気になったので、図書館で借りてきました。怖かった~どれもこれも背筋がぞくぞくっとします。7つの短編で構成されています。舞台は東北地方です。九州に住む私にはほとんど馴染みがない土地ですが、想像しやすかったです。骨、人形、大木、河童・・モチーフの使いかたがすごい上手。

知り合いが失踪して、探しに行くのだけれど、ミイラ取りがミイラになってしまうという「髪の森」が一番怖かったです。ぐいぐい読みました。村の人たちがひた隠しにしている秘密。そっちにいったら駄目でしょ、という方向に主人公がどんどん行っちゃうので、手に汗かきました。

「奇縁」は生きている人間が一番怖いと思えるお話。交通事故の加害者である男性の誠意に心打たれ、仲良くなり、その男性の相談事に尽力する主人公。でもある時気づくのです。その男性はあまりにも交通事故を起こしすぎているということに・・。実際にこんな人いたら怖すぎるし嫌すぎます。

ホラーって普段あまり読まないけど、高橋さんのは怖いと思いました。テレビで「世にも奇妙な物語」ってあるけど、ああゆう感じがしました。高橋さんの別の本も読んでみたいなー。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。