スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『涼宮ハルヒの退屈 消失』谷川流


ハルヒと出会ってから俺はすっかり忘れた言葉だが、あいつの辞書にはいまだに“退屈”という文字が光り輝いているようだ。その証拠に俺たちSOS団はハルヒの号令のもと、草野球チームを結成し、七夕祭りに一喜一憂、失踪者の捜索に熱中したかと思えば、わざわざ孤島に出向いて殺人事件に巻き込まれてみたりして。まったく、どれだけ暴れればあいつの気が済むのか想像したくもないね…。非日常系学園ストーリー、天下御免の第3巻。


評価 ★★★★☆
普段はあまりライトノベルに手が出ない私ですが、このシリーズはかなり興味深いので、最後まで読もうと思い、ネットで全巻購入しました。

『涼宮ハルヒの退屈』は短編集でした。どちらかというと、長編が好きなのですが、この短編は面白かったです。なんといっても私のお気に入りの長門さんがものすごーく活躍します。野球のお話しでは魔法のバットを出現させたり、七夕のお話しではキョンとみくるちゃんを助けたりします。「笹の葉ラプソディ」は秀逸だと思います。ハルヒが過去にやらかしていた校庭落書き事件ですが、本当に落書きしていたのは実は・・!!、長門さんの隣の部屋で3年も眠っている人物は実は・・!!と、伏線が見事につながっていて、面白いんです。

『涼宮ハルヒの消失』は、がっつり長編でした。タイトルどうり、ハルヒがある日消失してしまうんです。しかも普通の人間になってしまったみくるちゃんに長門さんに古泉くん。キョンはやはりハルヒがいない日常なんて考えられないんですね。口では邪険にしていても、ハルヒは特別な存在なんです。タイムワープなど、二転三転してほほう!となりました。でも、普通の人間になった長門さんはとってもキュートでした。アニメでも、劇場版になったらしく、シリーズの中でも最高傑作と言われているみたいです。

ああ、こんなにも荒唐無稽なお話しに夢中になっちゃてる私はおとぎの国の住人ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あそびに来ました~!先日はコメントありがとうございました。

わかさんが読んでいる作家さん、知らない方がたくさんいます。これからじっくりブログ読んで、参考にさせてもらいます。

この「涼宮ハルヒ」は書店で並んでいるのは見かけたことがありますが、手に取ったことはないです。面白いですか??

ありがとうございます♪

DONAさん♪こんばんは!
わーい 遊びに来てくださったんですね!
かなり前からDONAさんのブログの読者だったので、
すごく嬉しいです♪

おお、こんなブログでよければ、いくらでも参考にしちゃって
ください。私もかなり参考にさせてもらっています。

「涼宮ハルヒ」は、ライトノベルにしては上出来なほうだと思っています。
ブックオフラインで大人買いしちゃいました!
ライトノベルは気楽に読めるので、たまーに読みたくなるんですよね。

ちなみに私は今、池波正太郎さんの「剣客商売」をちびちび読んでいます。
初めての時代物なので、まー苦戦してます(笑)。
これが読めたら、DONAさんのブログにあった「みをつくし料理帖」っていうのに
挑戦してみたいんです。

ぐづついた天気が続きますが、お体に気をつけてくださいね。では、また!!
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。