スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『破産』嶽本野ばら


超売れっ子作家となり、一時は一千万円近くの貯蓄があった小説家の僕。しかし単行本の刊行が延期になり、収入が激減。浪費癖と自堕落な生活も手伝って、気付けば三百万以上の借金ができていた!稀覯本を売って日銭を稼ぐが、高級マンションの家賃とローンの返済は滞り、元カノで資産家の娘・靴乃コからは甲斐性なしと呼ばれ、同じマンションに住む高利貸しの要蓉子には、返済できないなら死ぬべきだと言われる始末。弁護士に相談したものの打つ手がなく、出版社の担当編集者たちに泣きつくが…。これは実話か?前代未聞のドロ沼「借金返済」小説!


評価 ★★★☆☆
『下妻物語』などが独特の世界観でとても面白かった野ばらさん。そうゆうお話を期待して読むと、ちょっとがっかりしてしまうかもしれません。なんせ本書は借金返済小説なのですから。確かに、ここ数年野ばらさんの単行本って見かけていないような気がします。出されてなかったのですね。一時期は一千万円以上の貯蓄があったなんて作家さんってやっぱりすごいな。

しかし今の野ばらさんはかなり大変そうです。浪費癖が抜けきらず、怠惰な生活もあって、300万以上の借金があるそうです。読んでみると確かに浪費癖がひどいです。コラムを月に2本書いてらっしゃるんですけど、それで収入20万。しかし家賃が25万円!。しかも元彼女さんがお金がないと言えばタクシー代をだしてやり、お腹が空けば1万円いじょうするお寿司(ほむほむ巻き)を食べちゃったりしてるんですもん。自業自得といえば自業自得ですよね。

お金を工面するために大切なマニアックな書籍を売り払うところなんかは興味深かったです。でも、300万の借金をしても、本をこうして書けばなんとかなるっていうのがすごいと思います。出版社が前倒しで原稿料をくれるのです。20万の収入なら、せめて家賃は5万円くらいでしょう、普通は。まあ、これを機に発奮して良い小説を書いてほしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。