スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『花桃実桃』中島京子


43歳シングル女子、まさかの転機に直面す―会社勤めを辞め、茜は大家になった。父の遺産を受け継いだのである。昭和の香り漂うアパート「花桃館」で、へんてこな住人に面くらう日々が始まって…。若くはないが老いてもいない。先行きは見通せずとも、進む方向を選ぶ自由がある。人生の折り返し地点の惑いと諦観を、著者ならではのユーモアに包んで描く長編小説。


評価 ★★★☆☆
ユーモア小説というのでしょうか。多少インパクトには欠けるものの、30代後半の私にはちょうど良かったみたいです。もっとずっと若いころに手にしていたら、退屈だったかもしれません。

父親の急死により、ボロアパート「花桃館」の住み込み管理人になった主人公・茜。会社で肩たたきにあい、辞めていたのでちょうど良かったですね。父親は助かるものを残してくれたと思います。最初は家賃滞納をしている住居人がいたりして大変そうだけれども、風変わりな住居人とすったもんだしていくうちに、茜は孤独ではなくなります。

茜はまるでサザエさんのよう。そこぬけに天然です。よく考えれば43歳でシングルだし、会社は辞めちゃったし、恋人もいないからかなりへこむ状況なのに、どこかそれを大きな心でうけとめて淡々としています。後半部分はほんのりラブストーリーになるのですが、これまた笑えるのです。百人一首の解釈の仕方がおかしくてたまりませんでした。ラストに作ってもらった「花桃実桃」というカクテル、どんな味がするんだろう?少し苦いらしいです。人生も、そんなに甘くはないですからね。時にはこうゆうほっこり系の読書もいいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。

読メから来ました。
ナイスありがとう♪

ブログ少しだけ拝見させていただきました。
スゴイ読書量ですね。
家事の合間とはいえこれだけの読書量、しかも
一冊一冊に丁寧な感想文のアップ。
いや~、驚きました。

若さの元気を読書に!いいな~

歳を重ねて読書のペースが大幅にダウンしました。
目が疲れる、頭が疲れる(疲れるような内容の本は
最近はあまり手にしなっくなったのですが・・・)

元気をいただきにまた寄らせていただきますので
よろしくお願いします。

読メのHNは「P-」です。
細々とブログもしてます。


パピーさん♪

パピーさん♪こんなブログに遊びに来てくださって本当に
ありがとうございます!!
すごく嬉しいです。
内気な性格がわざわいしてか、なかなかブログ友達ができません(笑)。

いやいや、すごい読書量ではないですよ~。
読むの、遅いんですよ。調子にのれたらちょっとだけ早くなりますが。
30代後半ですが、若いといってもらえてとんでもなく
嬉しいです。

パピーさんのブログ、必ず遊びにいきますね^^
コメントありがとうございます!!
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。