スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『八月の六日間』北村薫


40歳目前、文芸誌の副編集長をしている“わたし”。ひたむきに仕事をしてきたが、生来の負けず嫌いと不器用さゆえか、心を擦り減らすことも多い。一緒に住んでいた男とは、3年前に別れた。そんな人生の不調が重なったときに、わたしの心を開いてくれるもの―山歩きと出逢った。四季折々の山の美しさ、怖ろしさ。様々な人との一期一会。いくつもの偶然の巡り合いを経て、心は次第にほどけていく。だが少しずつ、けれど確実に自分を取り巻く環境が変化していくなかで、わたしは思いもよらない報せを耳にして…。生きづらい世の中を生きる全ての人に贈る“働く山女子”小説!


評価 ★★★★☆
読んでいてとても心地の良い読書の時間でした。北村さんの文章は女性っぽくてやさしく、心に染み入る感じです。

出版社に勤めるアラフォーの主人公、職場でのストレスや大切な親友の死、曖昧なまま終わった恋人への気持ちなどさまざまなものをかかえながらただ淡々と山に登ります。山に登る準備の時、欠かせないのが甘いお菓子と小説です。小説を選ぶシーンはとても興味深かったです。選ぶ本が渋いと思いました。少し重くなっても本は必須ですよね。本当にひとりでただ淡々と山を登るだけなのに、読んでいるこちらの心もすっきりしてくるのは不思議です。私も思わず山に登りたいって思いました。まあ、体力ないので無理ですが。。でももし登るなら、私も主人公みたいに1人で登りたいです。きっと危険なことなんでしょうが。山に登って美味しいご飯を食べて温泉にじっくりつかる・・ああ、素敵です。いつまでも読んでいたいと思わせるお話でした。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。