スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『B.A.D』1,2 綾里けいし

B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里けいし

商品詳細を見る

B.A.D. 2 繭墨はけっして神に祈らない (ファミ通文庫)B.A.D. 2 繭墨はけっして神に祈らない (ファミ通文庫)
(2010/03/29)
綾里 けいし

商品詳細を見る


「小田桐君。理由なく人を殺せるぐらいでないと、狂っているうちには入らないさ」
チョコレート片手に、彼女はそう僕に告げた。傲慢で冷酷で我が侭な偏食家。
そして、紅い唐傘を手にゴシックロリータを纏い、僕の絶望に突き放した微笑を浮かべる14歳の異能の少女、
繭墨あざか。第11回えんため大賞優秀賞。

夫が買ってきてくれた本。普段はあまりライトノベルは読まないのだけれど、
この残酷だけれども、くらくらするような美しい世界観が大好き。
まず、繭墨あざかというヒロインが良い。神々しいのです。
ゴシックロリータを着て、チョコレートしか食べないなんてちょっと素敵。
哲学の香りを漂わせる彼女の発言にはどきりとさせられます。

人間の持つ欲・醜さ・エゴ・情念・・・すさまじい。
読めば読むほど、はまってしまいます。
3巻を読みたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。