スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『舞台』西加奈子


29歳の葉太はある目的のためにニューヨークを訪れる。初めての一人旅、初めての海外に、ガイドブックを暗記して臨んだ葉太だったが、滞在初日で盗難に遭い、無一文に。虚栄心と羞恥心に縛られた葉太は、助けを求めることすらできないまま、マンハッタンを彷徨う羽目に…。決死の街歩きを経て、葉太が目にした衝撃的な光景とは―。思いきり笑い、最後にはきっと泣いてしまう。―圧倒的な面白さで読ませる傑作長篇。


評価 ★★★★☆
読んでいてこれだけ苦笑いが出てくる読書もめずらしい。太宰治の『人間失格』の現代版といったところでしょうか。ニューヨークのセントラルパークで「舞台」という小説を読みたかっただけなのに、どうしてこんなことになっちゃうのでしょうか(笑)。私にも自意識過剰な部分があるので、葉太の感覚が少しだけ分かりました。全速力で走っていても顔だけは「なに?」みたいな感じでしょうか。

友達に見せる顔、家族に見せる顔、他人に見せる顔、私たちは生活するなかでいろんな仮面をつけているんだな~。葉太はその使い分けが壮絶にへたくそですね。ものすごく痛々しいです。自分が思うほど、人って自分を見ていないんですけどね。私はもっと気楽に生きたい!ってすごく感じました。他人にどう思われようと、素直に生活したいです。そうしないとしんどすぎます。このお話しを書こうと思った西さんはおもしろいなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。