スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『憧れの女の子』朝比奈あすか


「次は女の子を産むわ」そう宣言して産み分けに躍起になる妻。「本当にどうしても女の子を産まないと駄目なのか」妻の意志に、違和感が濃くなってゆく夫。お互いに心揺れる日々を過ごすなか、新たな命を授かる。果たして、その性別は?そして、夫婦がたどった道は―(表題作)。男女の日常に生じたさざ波から見える、人間の愛おしさ、つよさ―。深々とした余韻が胸に響きやまぬ傑作五編。


評価 ★★★★☆
読むのを楽しみにしている朝比奈あすかさん。今回もすっごく良かったです。短編集で、5篇から構成されています。どのお話しも身近にありそうな題材で、行動とか心理描写がリアルで共感できました。1つ1つを長編にして欲しいくらい面白かったし、興味深かったです。

「憧れの女の子」・・次こそは絶対に女の子を産みたい母親の話。最初は、性別なんてどっちでもいいじゃん健康ならって思ってたけど、だんだん母親の本気度が伝わってきて、女の子を産ませてあげて~って思いました。もう今は産み分けって結構出来るもんなんですね。ピンクゼリーとかあるんだってびっくりしました。ラストはなんだかんだいって幸せな気分になれました。

「ある男女をとりまく風景」・・ある夫婦のお話。主人公はセンギョウシュフです。途中まで読んで、なんて横柄な旦那さんなんだー絶対嫌だって思っていたら、あららそういうオチだったんですね。そうゆう形の夫婦、私はありだと思います。

「弟の婚約者」・・ある日可愛がっていた弟から婚約者に会って欲しいとお願いされる姉のお話。ほんと、恋って盲目ですね。もし私にも弟がいたらかわいがっちゃうだろうな~。たとえどんな彼女を連れてきても応援してあげたいって思うけど、ここに出てくる彼女さんはすこーし微妙かもしれない。。個人的に我が夫に女兄弟がいなくて良かったなんて感じました。

こうゆうお話しを長編でじっくり読みたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。