スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『私の命はあなたのいのちより軽い』近藤史恵


「どうして人の命の重さには違いがあるの?」東京で初めての出産をまぢかに控えた遼子。夫の克哉が、突如、ドバイへ赴任することになったため、遼子は大阪の実家に戻り、出産をすることに。実家に帰ると、両親と妹・美和の間に、会話がないことに気がつく。そして父は新築したばかりの自宅を売却しようとしていた。実家で何があった?明らかになっていく家族を襲った出来事とは―。『サクリファイス』の著者が「命の重さ」を描く渾身ミステリー!!


評価 ★★★★☆
読書メーターのお気に入りの方が面白いと書いてるのを読んですぐに図書館で借りてきました。確かにページをめくる手がとまらず、面白かったです。しかし面白い以上に重かった。なんて考えさせられる読書なんでしょう。

夫のドバイへの海外赴任がきまり、臨月の主人公は出産するために実家に里帰りします。そこでは仲良かったはずの両親と妹がなんだかぎくしゃくとしていて、何か隠しているようなのですが。。すごく不穏な空気です。主人公になかなか本当のことを言わない家族にイライラしました。この父親の偏見と独断にはすごく腹がたちました。いるんですよね、こうゆう父親。「こんな娘に育てたおぼえはない」だとか世間体ばかりきにしたり。私も学生時代に病気をして寝込んでいるのに、「高校を卒業できなかったら恥ずかしい」と、校門まで引きずられていったことが何十回もあるので、すごく妹の気持ちがわかりました。悔しくて悲しかったことでしょう。確かに軽率なことをしたけれど、ここまでされなきゃいけなかったのでしょうか??

本書での救いは姉である主人公が助けてくれたこと。両親との壁になってくれたことでしょう。やはり姉妹間のむすびつきって素敵です。ラストはこうするしかないですよね、嫌なことからは逃げていいと思うんです。この両親と立ち向かうには妹はあまりにもまだ幼いですから。ただ、ラストの一ページは必要だったのでしょうか?ここまでしてくれた姉にこんな不穏な終わり方って・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。