スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『WOOL』ヒュー・ハウイー


地表は有毒ガスに覆われ、人類は地下144階建てのサイロに暮らしていた。このサイロに何か途方もない秘密がある―。機械工から保安官へと任命された直後、陰謀にはめられたジュリエット。「清掃」の刑を科され、外に出た彼女が見たのは、思いもかけない世界の真の姿だった!彼女を慕うルーカスは、サイロの秘密の核心に迫るが、同時に反乱が勃発。極限の環境を生き延びることはできるのか!?ノンストップ巨編!Kindle Bookレビューズ・ベスト・インディーズ・ブック・オブ2012受賞。


評価 ★★★★☆
ブロガーさんたちのレビューをみて興味をもった作品です。三部作とのことで、映画化も決定だとか。なるほど、たしかに映像向きだと感じました。上巻はわりとぐいぐい読めたんだけど、下巻はかなり時間がかかりました。物語があまりうごかなかったからかな?

荒廃した地球。人々は144階建てのサイロという所で暮らしています。悪いことをした人たちは、清掃送りになります。ボロボロの防護服をきて外に出て、レンズを磨くのです。新しく保安官になったジュリエットは前任の保安官の清掃送りに疑問をもち、しらべようとします。するとなんと、ジュリエットが清掃送りの刑になってしまったのです。ここら辺はもうはらはらどきどきでした。ヒロインが死んじゃう!

いくつもサイロがあるという設定や、ジュリエットがたどりついたサイロで一人で生きていたソロの価値観とかとても興味深かったですね。ジュリエットが困難にまけず、一生懸命生きていこうとする姿勢にとても好感を持ちました。頑張れって応援しながら読んでました。

秩序を保つにはある程度の犠牲が必要なのは分かるけれど、こんな簡単に清掃送りにされてはたまらないな~。。ようするに物を考えるな、疑問を持つなってことなんですよね。あと、ジュリエットとルーカスの恋模様も気になります。久々にSFにどっぷりはまりました。次作の「シフト」にも期待です。読まなければ!


コメントの投稿

非公開コメント

No title

わかさん、こんばんは~♪

おぉ、「WOOL」読まれたんですね!
この本の魅力は何と言っても主人公のジュリエットですね*^^*
ルーカスがわりと物静かなイメージなだけに、
まるで草食動物と肉食動物カップルみたいな…(笑)

「SHIFT」では、きっちりと「WOOL」に繋がっていて、
さらにこの世界観もだんだんと理解できるようになって
面白かったです☆
また感想楽しみにしていますね!

Re: No title


nanacoさん こんにちは♪♪

実はnanacoさんのブログに触発されて、図書館で取り寄せてもらったんですよ。
そうそう!ジュリエットの行動力には驚かされっぱなしでした。
清掃送りにされた時といい、他のサイロにたどり着いてからの行動といい、
とても元気な女性でした~。私もあんな風にハツラツと行動したいもんです。
ふふふ、ルーカスは星を観察したりと、ほんと、草食系でしたね。

「SHIFT」もドキドキしながら読むことになると思います!!
良い本を教えてくださってありがとうございます~^^。

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。