スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『乙女の読書道』池澤春菜


声優、歌手として活躍されている著者の初の読書エッセイ集。「本の雑誌」に連載中のブックレビュー「乙女の読書道」を中心に、「週刊プレイボーイ」で連載したコラムや読書日記を収録。巻末には父である池澤夏樹氏との父・娘対談も! 「私にとって読書は世界そのもの」と本への愛情がたっぷり詰まった1冊。


評価 ★★★★☆
すっごく魅力的な書評集でした。図書館で借りたんだけど、購入しようかどうか迷ってます。それくらい素敵でした。池澤さんの読書量のはんぱないこと!私なんてまだまだ~としみじみ。。もう表紙からして好きなんですよね、文庫本がみっちり本棚におさめてあって、これは池澤さんご本人の本棚なのかな?

書評といっても、ラインナップはすんごく翻訳SFにかたよっています。でもそのかたよりぐあいが乙女だな、と思うのです。情熱がほとばしってます。わたしが既読なのは、ビブリア古書堂と魔法使い製作所シリーズだけだったんですけど、他にも読んでみたい本が出てくる出てくる。文章も優しくて、よみやすかったです。

アニメ好きの夫に池澤さんのことを聞いてみたら、「ケロロ軍曹の声優さんで、外国でうまれた超お嬢様」ってすぐに答えがかえってきました。声優さんとしても成功されてるんですね~。

お父様の池澤夏樹さんとの対談や、電子書籍のくだりも非常に楽しかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。