スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『彼女のしあわせ』朝比奈あすか


長女・征子は百貨店の幹部社員。独りで生きると決めてマンションを購入した。次女・月子は専業主婦。幼い娘を放り出しブログの世界に逃避している。三女・凪子は姉たちにも告げていない体の秘密を抱えたまま結婚した。母・佐喜子は夫と姑への我慢が限界に達し、ついに家出をする。三人姉妹と母親、それぞれの傷を抱えて生きる四人の女性の哀しみを包み込む物語。


評価 ★★★★☆
三冊目の朝比奈さん。今回も女性ならではのいたみが書かれてあって非常に興味深く読むことができました。三姉妹とその母親のお話です。それぞれに悩み、不安、閉塞感、などを持っています。外側からみれば十分幸せにみえるけれど、内側は幸せとはいいがたいのですよね。しあわせって理想とすればするほど、遠くに逃げていってしまうものなのかもしれません。征子にも凪子にも共感したけど、次女の月子のパートがいちばんはらはらしながら読みました。私にはまだ子供がいないけれど、姉の子育てをみて、大変さはわかっているつもりなんだけど、読んでいて苦しかった。子育てってすっごい大変なんだな~としみじみ。泣きじゃくる子供を放って、ブログを人気にしようと逃げ込む姿がなんだかリアルでした。でもラストがすがすがしいんですよね。ほっとします。どのお話も最後はそれなりに希望が見えるので、読後感は良いです。また朝比奈さんの作品を読みたいな。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。