スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『予定日はジミーペイジ』角田光代

予定日はジミー・ペイジ (新潮文庫)予定日はジミー・ペイジ (新潮文庫)
(2010/07/28)
角田 光代

商品詳細を見る

流れ星を見つけたとき、あ、できたかもと思った。初めての妊娠。でも、「私、うれしくないかもしれない」。お腹の生命も大事だけど、生活って簡単に変えられないよ。ひとり驚喜する夫さんちゃんを尻目に、頼りなくも愛おしい妊婦マキの奮闘が始まる。目指すは、天才ロック・ギタリストの誕生日と同じ出産予定日!笑えて、泣けるマタニティ小説。著者描き下ろしイラスト多数収録。


評価 ★★★★☆

わりとさらさらと読めてしまいました。あーおもしろかった!妊娠するのって、すごく喜ばしいことなんだけども、すっごく責任重大なことなんですよねー。夫婦二人で生活していた時と違ってなにからなにまで赤ちゃん中心にならざるをえないし、それこそ子育ては一生続くのですから・・。だから妊娠したとわかっても、素直に手放しで喜べない主人公の気持ちが痛いほど分かりました。夫は手放しで喜んでいるようですが。

つわりの変わりに物を嘗めたくなる衝動にかられたり、トイレに閉じこもってみたり、妊娠教室に行ってみたり、ノートをつけはじめたりしたり・・・主人公と一緒にうんうんって読んでました。

ラストのほうになると、主人公にだんだん母性が出てきて、読んでいるこっちまでにこにこしちゃいました。ほんとに笑えて泣けるお話でした。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。