スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『彼女の存在、その破片』野中 柊

彼女の存在、その破片 (小学館文庫)彼女の存在、その破片 (小学館文庫)
(2014/07/08)
野中 柊

商品詳細を見る

兄を殺した女? 彼女のことを聞きたいの?

〈僕〉は、失踪した恋人を探して彼女の生涯にかかわった男女を訪ね歩く。
「ルリは少女娼婦みたいだった。幼気(いたいけ)な、大胆な、ちょっと痛ましい」
「ルリを見ていると、心を鷲づかみにされる。うっかり油断すると、彼女の存在感に巻きこまれそうな感じなんだよ」
「るりは、本質的にこわいもの知らずな女なのよ」
「るりに触られると、どんなに疲れているときも、からだの隅々まで欲望で満たされた。どこまでも貪欲になれそうだった」
「るりはサーカスの綱渡りの少女、みたいな感じ? 安全ネットなしの」
彼らが語る、これが、あなたなの? それは彼らの心の、割れた鏡に映し出された、無数の破片のようだ。
   *
何かの予兆のように、〈あなた〉の複雑な過去と、天才少年ピアニストだった〈僕〉の挫折と後悔に満ちた半生が響き合う。それから〈僕〉は、少しずつ〈あなた〉のもとに近づいていく。〈あなた〉の後ろ姿を見ながら少しずつ。そこには、僕のピアノ、少年時代の調べが響きつづける。


評価 ★★★☆☆

野中さんの作品ってなんだかお菓子みたい。甘くて繊細。全然現実的というかリアルではないのですが・・、なぜか読んでしまうんです。

第一部は謎の男性がルリのことをたずね歩いて聞いたことが書かれています。第二部はその謎の男性のことが語られていきます。大島真寿美さんがあとがきで書いているように、本書は大きな悲しみの物語だと感じました。最初から最後まで悲しいような雰囲気でした。

最初のほうは、兄を殺した女なんて言われていて、ルリのことを謎の多いミステリアスな女性だと感じていましたが、最後まで読んでみると、イメージが変わります。人生を精一杯がんばっていきた女性だったんだなー。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。