スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ノーブルチルドレンの残酷』綾崎隼

ノーブルチルドレンの残酷 (メディアワークス文庫)ノーブルチルドレンの残酷 (メディアワークス文庫)
(2011/06/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る

美波高校に通う旧家の跡取り舞原吐季は、一つだけ空いた部室を手に入れるため『演劇部』と偽って創部の準備を進めていた。しかし因縁ある一族の娘、千桜緑葉も『保健部』の創設を目論んでおり、部室の奪い合いを発端に、奇妙な推理勝負が行われることになってしまう。反目の果てに始まった交流は、やがて二人の心を穏やかに紐解いていくことになるのだが…。ポップなミステリーで彩られた、現代のロミオとジュリエットに舞い降りる、美しくも儚き愛の物語。


<評価>★★★☆☆
ずっと気になっていたシリーズ、図書館で借りることができて嬉しいです。ロミオとジュリエットを下敷きにしています。部室をとりあうという、ありがちな設定なんですが、なかなか面白く読み進めることができました。

ミステリーの部分は、ちょっと弱いというか、むちゃくちゃな気もしましたが(笑)。

ヒロインの緑葉が吐季を好きになる瞬間の所が、わかるな~としみじみしました。とっさに自分をかばってくれる男性って素敵です。

キャラが個性的でわかりやすいので、好きな小説にはいります。次の巻もよみたいとおもいます。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。