スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『去年はいい年になるだろう』山本弘

去年はいい年になるだろう去年はいい年になるだろう
(2010/04/02)
山本 弘

商品詳細を見る

米国同時多発テロも、あの大地震も、犠牲者はゼロ!?
2001年9月11日、24世紀から「ガーディアン」と名乗るアンドロイドたちがやってきた。
圧倒的な技術力を備えた彼らは、世界中の軍事基地を瞬く間に制圧し、歴史を変えていく。
しかし彼らの目的は、人類の征服ではなく、「人を不幸から守ること」だった――。
ガーディアンのもたらした情報によって、本来の歴史で起こった自然災害、テロ、戦争、大事故などが防げるようになった一方、
未来の自分からのメッセージに翻弄され、人生が大きく変わってしまう人も多くいた……。
主人公は、45歳のSF作家。10歳年下の妻と5歳の娘とともに幸せに暮らしていたが、
事件翌日、美少女アンドロイド「カイラ211」の訪問を受け、AQ(知り合い)に選ばれたことを知る。
未来の自分からのメッセージと作品データを、カイラから受け取る主人公。それは、彼の人生に大きな波紋を起こしていく。
衝撃と感動の歴史改変小説。


<評価>★★★★☆
第42回星雲賞 受賞作です。前回読んだ『神は沈黙せず』がものすごく面白かったので、書店で文庫版を見かけてすぐに購入しました。普段SFってほとんど読まないのだけれど、山本さんのほんだけは飛びぬけて面白いと思います。

主人公を山本弘さんご自身にされたのも、リアリティがあってよかったです。未来からきたガーディアンとよばれるロボットが、事故や事件を未然にふせいでくれる・・というあらすじなのですが、もちろん良いことが沢山あるのだけれど、やはりガーディアンたちがきたことによって不幸になる人々も出てきてしまって・・。

今までいまいち理解できなかったパラレルワールドという概念がようやくおぼろげながら理解することができました。図表がのっているのでわかりやすかったです。設定じたいはありふれているかもしれませんが、そこは筆力で大変おもしろくできあがっています。

ただ、ラストあたりで、少しスピードがおちたかな?とおもいました。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。