スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「流星の絆」 東野圭吾

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。
「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」
14年後―彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった

以前に、スーパーでハヤシライス”流星の絆バージョン”なる商品が販売されていると噂で聞いて、
かなり気になっていた作品。
東野さんの作品は良くも悪くもスラスラと読めちゃう。
幼い頃に両親を殺害され、辛い幼少時代をおくったであろう兄達と妹。
自分達が詐欺にあった事により、騙される方よりも騙す方になろうと、
詐欺師になってしまうんです。切ない・・。

読んでいると、とにかくハヤシライスを食べたくなります。
今度、ハヤシライスを作る時には、絶対に隠し味に醤油を入れなくては。

興味深く読んでいたのだけれど、ラストが、なんとなく全員が善人に描かれているような
気がして、少しだけがっかりかな。

コメントの投稿

非公開コメント

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。