スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クロスファイア』上下 宮部みゆき


青木淳子は常人にはない力を持って生まれた。念じるだけですべてを燃やす念力放火能力―。ある夜、瀕死の男性を“始末”しようとしている若者四人を目撃した淳子は、瞬時に三人を焼殺する。しかし一人は逃走。淳子は息絶えた男性に誓う。「必ず、仇はとってあげるからね」正義とは何か!?裁きとは何か!?哀しき「スーパーヒロイン」の死闘を圧倒的筆致で描く。


<評価>★★★★★
ネットで仲良しのお友だちからおススメしてもらった本です。画像は文庫版ですが、私はノベルス版で読了しました。

いや~面白かったです!!なんで今まで読んでなかったんだろう?映画になった事とかはぼんやりと知ってはいたのですが。とてもとても悲しい女性のお話でした。主人公・青木淳子は念力放火能力を生まれつき持っています。この能力は、力が体にたまると苦しいので、時々廃工場とかにいって放出させる必要があります。その時に人殺しの少年たちと遭遇し、淳子は自分の力で復讐しようとします。危ないシーンが沢山あって、はらはらどきどきしました。そして時々淳子は暴走気味になるので心配でした。能力持ちゆえに、すすんで日陰を歩いているように淳子が見えて、「幸せになって~」っと思いながら読みました。下巻で、淳子に恋人ができ、淳子がとっても幸せそうだった分、ラストが悲しすぎて涙が出ちゃいました。こんな終わり方って。。。

やはり宮部さんは抜群のストーリーテラーですね。最高です。

幼い能力者のかおりちゃんがどんな風に育っていくのか、気になります。幸せになって欲しいです。

スポンサーサイト
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。