スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『初恋料理教室』藤野恵美


心の空腹、あたたかく満たします。

京都の路地にたたずむ古びた町屋長屋。
どこか謎めいた小石原愛子先生が営む「男子限定」の料理教室では、
今日もさまざまなドラマが起こる――。
『ハルさん』の著者が贈る、滋味たっぷりのやさしい物語。
巻末には、作中に登場する料理の特製レシピも掲載!


<評価>★★★★☆
なんともほっこりして、じんわりと心に染みてくるお話でした。かなり満足です。この本は確か王様のブランチで紹介されていて、読んでみたいと思い、図書館で借りてきました。

舞台は京都です。京都と和食ってなんだかすごく相性いいような気がします。長屋で料理教室を開いているのは愛子先生。ほんわかとしているのに、どこか芯が通った女性なんです。こんな先生がいたら私も料理を習ってみたいって思いました。そこに通うのは4人の男性。連作短編集になっています。この料理教室はある曜日だけ男子限定なんです。通ってる生徒さんたちにはそれぞれいろんな事情があります。

表題作の「初恋料理教室」も、恋する男性の気持ちがとっても素敵できゅんきゅんしながら読んだんですけど、一番興味深かったのは、三話目の「ふたりの台所」ですね。実の母親から手料理を作ってもらえず、ネグレクトぎみにそだった姉弟のお話。姉はストレスがたまると過食に走るし、弟は女装してて、最初はすごく心配だったんですけど、2人で丁寧に作った料理を食べることで、救われていくんです。やっぱり手料理って最高ですよね。私もついつい手抜きをしがちですが、丁寧にご飯を作ろう!と思いました。


スポンサーサイト
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。