スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『完全なる首長竜の日』乾緑郎

完全なる首長竜の日完全なる首長竜の日
(2011/01/08)
乾 緑郎

商品詳細を見る

少女漫画家の和淳美は、植物状態の人間と対話できる「SCインターフェース」を通じて、意識不明の弟と対話を続けるが、淳美に自殺の原因を話さない。ある日、謎の女性が弟に接触したことから、少しずつ現実が歪みはじめる。映画「インセプション」を超える面白さと絶賛された、謎と仕掛けに満ちた物語。


<評価>★★★☆☆
デビュー作としてはすごいと感じました。
設定がSFちっくで楽しめました。植物状態の人間とコミュニケート出来る「SCインターフェース」。
主人公の漫画家の日常が細やかに書かれていて、楽しめました。
ただ、ラストが途中で想像できてしまうんですよね~(汗)その辺をもっと複雑にしてほしかったです。
スポンサーサイト
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。