スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ストーリー・セラー』有川浩

ストーリー・セラーストーリー・セラー
(2010/08/20)
有川 浩

商品詳細を見る

<評価>★★★★☆
小説家と、彼女を支える夫を襲ったあまりにも過酷な運命。極限の決断を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた―。極上のラブ・ストーリー。「Story Seller」に発表された「Side:A」に、単行本のために書き下ろされた「Side:B」を加えた完全版。

とても素敵な夫婦のお話でした。sideAの部分は同名の雑誌で先に読んでいたんですが、それがとても印象に残っていたのです。私は本を読むのが大好きなので、「読む側」なんだけど、反対の「書ける側」の想いも語られて、切ないお話なんですが、ワクワクハラハラしながら、最初からまた読んでいきました。小説を書くことをテキストを叩いてるだけとか、二人の照れながらの言葉のやりとりが微笑ましくて。大好きな作家と結婚するってすっごく幸せだろうな。。一番先に読ませてもらえそうだし。作家としての彼女は、かっこいいんです。言うことははっきり言うし、ちゃんとその責任も取る。こうゆう姿勢の作家さんって尊敬です。そんな妻(彼女)に嫌がらせをしてくる人たちがいて、妻は鬱病になってしまうんですよね・・・。そして身内とのゴタゴタで、本当にまいってしまった妻の病名は致死性脳劣化症候群、という難病。もともと鬱病というのからして、脳みそをギリギリまで使い果たしてしまった結果。というイメージがあるので、両親からの精神的苦痛を抱えながら、作家として文章を紡ぎ出すなんてことをやっていたら、なり得る病だなと思います。最後に二人が出した決断は正しかったと強く思う。
sideBは、もうお二人のラブラブぶりに、こっちまでニコニコしちゃいます。夫から「君を甘やかすのが俺の仕事だ」なんて言われてみた~い!!そんな劇甘な生活にある日、夫が交通事故に遭ったという電話が。。それもただの事故の怪我だけでなく、他にも何かあるらしい。ここらへんは、夫がいる身の私としては、背筋が寒くなって、読むのをためらう位でした。。余命を知って、疎遠になっていた友達を家に呼んだり、猫を飼ってみたり、夫本人は淡々としているのに、読んでいて涙が出てきそうでした。 これを読んで、今よりももっともっと夫を大切に甘やかしたいと思いました。
スポンサーサイト
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。