スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『女神』明野照葉

女神 (光文社文庫)女神 (光文社文庫)
(2006/09/07)
明野 照葉
<評価>★★★★☆

  誰もがため息をつくような美貌。仕事はトップセールスを誇り、恋人はエリート医師…。“営業部の花”と呼ばれる沙和子に憧れる真澄は、彼女を観察するようになる。すると、その秘密主義、完璧主義は、常軌を逸しているように見えた。転職、転居を繰り返す、沙和子の素顔に隠された奇妙な過去とは?完璧を目指す女。その裏側に潜む社会病理を描いた傑作。

 女性なら誰でも一度は夢見るだろう事が、顔も身体も抜群に良くて、しかも仕事も出き、素敵な恋人がいる自分。だけれどそんな女性はまずいないんですよね。でも、顔や身体に関しては、今や美容外科があるので、綺麗には出来ると思う。お金はかかりますが。仕事も、たとえ学歴が無くとも、沙和子のように営業のような実力重視の会社であれば、昇進可能です。 読んでいて、沙和子の美容を維持する努力がすごくて、少し憧れる部分もありましたが、自分に点数をつけたり、分刻みに時間を気にしたり、とっても疲れそう・・という印象。同じ女性として、なんでも完璧の沙和子の日常や心の呟きなど、ドキドキしながら楽しく読めました。読み終わると、自分もほんのちょっと人生という舞台で演技してみて、髪型を変えたりしてみたくなるかも。


スポンサーサイト
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。