スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『銀色の絆』雫井脩介


夫の浮気で離婚、娘の小織とともに名古屋へと転居し、無気力な日々を送っていた藤里梨津子だったが、フィギュアスケートの名コーチに小織の才能を見出され、娘を支えることに生きがいを感じ始める。スケートクラブ内の異様な慣習、元夫の会社が倒産したため途絶えた養育費、練習方針を巡るコーチとの軋轢―人生のすべてを懸ける梨津子の思いに、小織はとまどいながらも成績を上げていき、やがて…。フィギュアスケートの世界を舞台に母と娘の絆を描く、著者渾身の長編小説。


評価 ★★★★☆
毎回テレビで楽しくドキドキしながらフィギアスケートを見ているので、本書も大変興味深く、かつ面白かったです。休憩をいれながらもほぼ一気読みでした。私の姉の娘がバレエを本格的に習っているんだけれど、やはりコーチにはお弁当を作って「お食べください」と差し入れしています。そこまでする?って思っていたんですが、本書を読んで考えが変わりました。コーチのコンディションを考えると作ったほうがいいのかも・・。

母親と娘の絆の物語でした。夫の浮気で離婚して、経済的に不安になっても、娘を全身全霊で応援する母親の姿にぐっときました。娘がまたこれが良い子なんですよね。なんだかノンフィクションを読んでいるような感覚でした。それにしてもバレエもそうだけど、フィギアってめちゃくちゃお金がかかるんですね。びっくりしました。お金持ちしか出来ないスポーツのような気がします。娘が過去を回想する形で物語が進んでいくので、ラストはなんとなく想像できるものの、読み応えがありましたし、感動してウルっときちゃいました。美濤コーチがかっこよかったです。ラストの美濤コーチの台詞にじんわりと胸があたたかくなりました。面白かったです。
スポンサーサイト
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。