スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ムーヴド』谷村千穂


安泰な結婚生活を共に送っていたはずの夫は、愛人のもとに走る。引っ越し先に迷い込んだ子猫は、どうやら目が見えていない。父は脳出血で倒れ、愛を告白してくれた同僚は、なんとレズビアンだった…。ときに哀しく、ときに滑稽に繰り広げられる様々な予期せぬ出来事に、そのつど新しい自分を発見してゆく佐緒里、30歳の瑞々しい心。愛する誰かと一緒に生きる喜びを描いた人気作家の女たちへの柔らかなまなざし、新境地の傑作長編。


★★★★☆
毎日、なんとなくぼけっと主婦をしている私にとっては、どきっとさせられるような、身につまされるようなお話しでした。仕事も主婦業も流れに任せてなあなあでやってきた主人公・佐緒里。ある日信じていた夫から妊娠している愛人の存在を打ち明けられます。これって相当きついことですよねー。。もちろん離婚します。そして、密かに憧れていたマンションの一階に引っ越します。ここで、目の見えない赤ちゃん猫を拾い、育てていくことになります。名前はプチ。プチが少しずつ大きくなって目の手術をうけるようになるまでに、佐緒里はかなり強くなります。マンションの会議で堂々と意見をいったり、何でも話せる親友ができたり、会社でも言いたいことを言えるようになるのです。少しずつだけど、佐緒里が成長する所が読んでいて好印象でした。ただ、元夫が、部屋に寄りたいとかいいだして、佐緒里を抱く場面はとっても気持ち悪かったです。そこだけは共感できませんでした。
スポンサーサイト
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。