スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『あなたの人生、片づけます』垣谷美雨


結婚適齢期を過ぎた独身OL、連れ合いに先立たれた老人や資産家女性、一部屋だけ片づいた部屋がある主婦…。『部屋を片づけられない人間は、心に問題がある』と考えている片づけ屋・大庭十萬里は、原因を探りながら手助けをしていく。この本を読んだら、きっとあなたも部屋を片づけたくなる!


評価 ★★★★☆
大好きな垣谷美雨さん。既刊本はほとんど読んでいます。今回もすっごくよかったです。読んでいるさいちゅうから、部屋の片付けをしたくなってうずうずしました。そこら辺の実用書を読むより、こちらを読んだほうが片付けのモチベーションが
あがると思います。我が家はゲーム、アニメ好きの夫と本ばかり買う嫁なので、けっこうがちゃがちゃしてるんですよね。フィギアとか。。読了後、お風呂に入ったんですが、きずいたら壁とかごしごしこすっていました(笑)。

本書の良い所は、ただ片付けさせるだけではなくて、根本的な考えを変えさせてくれる所だと感じました。心も片付けるというか。。不倫相手との関係を見直したり、妻に先立たれた夫が妻の遺品を整理したり・・良い意味での「清算」だなって感じました。片付けた後の登場人物たちがみんなしあわせそうでこっちまで嬉しくなりました。ああ、大庭十萬里さんに我が家と両方の実家に来てほしい!
スポンサーサイト

『ニュータウンは黄昏れて』垣谷美雨

ニュータウンは黄昏れてニュータウンは黄昏れて
(2013/01/22)
垣谷 美雨

商品詳細を見る

バブル崩壊前夜、4LDKの分譲団地を購入した織部家。都心から1時間、広大な敷地には緑があふれ、「ニュータウン」と持て囃されたが、築30年を過ぎ、母の頼子は理事会で建替え問題に直面。が、議論は住民エゴの衝突で紛糾、娘の琴里は資産家の息子と出会い、一家は泥沼からの脱出を夢見る…。



<評価>★★★★☆

図書館をぶらぶらしていて見つけた一冊。垣谷さんのファンなので嬉しかったです。いや~今回もとっても面白かった!私自身、賃貸アパートなので、マンション購入なんて話を聞くとテンションがあがります。でも、良い面ばかりではもちろんなく・・積立金や補修工事や建て替えとか、理事会の役員とか、めんどくさーい事がもりだくさんなんですね。綿密に調べられたんでしょうね。

ほんと、バブルに踊らされた世代は可哀相です。私の近場にも○○ランドというニュータウンがあるけれど、5年くらいたったころかな「夜逃げランド」と言われています。母親の頼子の心情がひとごとではなかったですね。悪いことはしていなくて、ただ真面目に働いてるのに、死ぬまでローンに追い詰められるとは、、、。ただ、住む場所を確保したいだけなのに。確かに賃貸はなんだか毎月お金をドブに捨てている気になりますもんね。頼子の生真面目な頑張り方にとても好感をもてる作品です。

娘のほうは、もう運が悪かったとしかいいようがないような(笑)。ただより安いものはないってことでしょうか。ここに出てくる資産家の息子の上から目線が非常にいらつきました。お金持ってるってだけでそんなに偉いの?と聞きたいくらい。しかも親友の紹介みたいな形で知り合ってるんですもんね。そのぶん、ラストに琴里(娘)が親友にいったセリフにすかっとしました。

垣谷さんの作品はいまのところハズレがないですね。
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。