スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『読まされ図書室』小林聡美


個性派女優・小林聡美の書き下ろしエッセイ。
老若男女、様々な職業&年齢の方々が自分勝手に推薦した本の数々に、小林聡美はどんなエッセイで返球するのか…。
推薦者と小林さんとの意外な関係性、推薦者の無茶振りも楽しみのひとつ。
推薦者に名を連ねるのは、よしもとばなな、飯島奈美、皆川明、井上陽水、長塚圭史、群ようこ、酒井順子…etc.
「Suicaのペンギン」などのキャラクターでおなじみのイラストレーター・さかざきちはる氏が、エッセイを読んで描きおろしたイラストも見所。特別特典として、よしもとばなな×小林聡美のスペシャル対談も掲載。


評価 ★★★★☆
クリスマスに夫からプレゼントしてもらった本一冊目です。嬉しくてゆっくり大切に読みました。小林聡美さん、大好きなんです。佇まいというか、ひょうひょうとした感じがとても好印象なんですよね。

本書は、様々なジャンルのかたがたから推薦してもらった本を小林さんが読んで感想を書くという形をとっています。推薦人のかたたちの豪華なこと!!井上陽水さん、よしもとばななさん、群ようこさんなどなど・・。装丁もとっても素敵。綺麗なブルーの表紙をめくると、図書館の本みたいなつくりになっているんです。途中に小林さんとよしもとばななさんの対談がのっていてすごーくふむふむとなりました。イラストもとっても可愛らしかったです。

読みたい!って思える本は「死ぬ気まんまん」くらいしかなかったけど、それは私に冒険心がない証拠なんですよね。もっと読書に対してせめていこうっと思える内容でした。大切な一冊となりました。
スポンサーサイト

『マダム小林の優雅な生活』小林聡美

マダム小林の優雅な生活マダム小林の優雅な生活
(1998/08)
小林 聡美

商品詳細を見る

結婚生活も3年目に突入したマダム小林。家事全般を引き受けながらも、一歩外に出れば女優、という職業婦人である。そんなマダム小林、ロケ先であわや突然死事件(!?)を起こし、ストーカー銀行員と対決し、正月早々親指をつぶし、夫への愛がゆえ、カナダで激流に呑み込まれる…。慎ましやかだけど、なぜだか笑える事件続出のマダム人生。


<評価>★★★★☆

マダムという響きに憧れて手にとりました。マダムになりたい・・だけど、大雑把に家事をして、パートにでかけ、くたくたになっているような私はきっとマダムではなくてただのおばちゃんなんだろうな。我が家にはまだ子供がいないので、小林さんと三谷幸喜さんの夫婦は希望の星でした。離婚しちゃったけど。離婚報道を見たときは本当にショックだったなあ。

小林聡美という女優はものすごい美貌ではないのに、テレビに出てると絶対みちゃうという不思議な魅力だと思います。マイペースな雰囲気がとっても好感がもてます。

本書は経済的には豊かだろうに、ちゃんと地に足をつけた生活をしていらっしゃることがわかります。自宅に友達がなかなか来てくれないことに心を悩まし、でも急に来られても、夫の仕事具合で困るときもある、とか瞬間接着剤で指を接着しちゃったりと、思わずふふふと笑ってしまいます。つつましい暮らしです。もっと贅沢していいんじゃなにの?と聞きたくなってしまいました。時々挿入されている写真が面白くて笑ってしまいました。私も小林さんのようにマイペースで淡々と家事をこなしていきたいと感じました。
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。