スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BとIとRとD』 酒井駒子

03113643.jpg
<評価>★★★★★

ものすごく素敵な絵本でした。幼い頃の、世の中をまだよく認識していなかったあの頃・・。BとIとRとD、続けるとBIRD。一番すきなのはやっぱり図書館のページ。私は大人になってからしか図書館に行かなかったけれど、もう一回幼いままで図書館の本たちを見上げてみたいです。胸がぐっと切なくなったのは、お友達のページ。ヌイグルミ相手に遊んでいるように見えても、子供は本当にその世界に没頭しているのです。ヌイグルミは生きているんですよね。話しかけたりお世話してあげたり・・。だけどそこに大人の一言、例えば「ご飯の時間よ」などという現実が入り込むと、とたんにヌイグルミはヌイグルミでしかなくなってしまって、世界を壊されたことがショックで腹が立ったり、泣きたくなったりするんですよね。懐かしい~。幼い子供の無邪気さをこんなに素敵な絵で表現できる酒井さんってすごいと思いました。他にもいろいろ出版されているみたいなので、また読んでみようと思っています。
スポンサーサイト
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。