スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『路 ルウ』 吉田修一

路(ルウ)路(ルウ)
(2012/11)
吉田 修一

商品詳細を見る

ホテルの前でエリックからメモを渡された。彼の電話番号だった。「国番号も書いてあるから」とエリックは言った。すぐに春香も自分の電話番号を渡そうと思った。しかしエリックが、「電話、待ってる」と言う。「電話を待っている」と言われたはずなのに、春香の耳には「信じてる」と聞こえた。春香は自分の番号を渡さなかった。信じている、あなたを、運命を、思いを、力を―。商社員、湾生の老人、建築家、車輛工場員…台湾新幹線をめぐる日台の人々のあたたかな絆を描いた渾身の感動長篇。


評価 ★★★★★

大変に満足のいく読書となりました。台湾という国を知る勉強にもなりました。いや~面白かったです。

最初は台湾の人名や地名になかなか慣れなくてとまどいましたが、慣れてきたら読みやめることができませんでした。一回だけ休憩をいれて、あとは一気読みでしたね。まるで自分が台湾にいって登場人物たちと月日をすごしている気分になれました。とても暑くて湿度がたかくて食べ物がおいしい国、台湾。

誰が主人公なのかわからないくらいに人物の書き分けができていて、さすがです。みんな魅力たっぷりのよい人たちばかりでした。一番共感できたのは、やはり春香です。台湾に鉄道をはしらせるプロジェクトで台湾に赴任することになったあたりから話しがはじまります。はつらつとしていてとても好感のもてる女性。ゆいつ気がかりだった恋人(うつ病に苦しんでいます)との仲ですが、ラストで2人がみせてくれた決断には拍手を送りたいです。エリックもものすごい好青年で、出来すぎではないのか?なんて思っちゃいました。2人の未来にエールを送りたいです。

吉田修一さんの作品はけっこう読んできたつもりだけど、ますます目が離せないですね。
スポンサーサイト

『横道世之介』吉田修一

横道世之介横道世之介
(2009/09/16)
吉田 修一

商品詳細を見る

横道世之介。
長崎の港町生まれ。その由来は『好色一代男』と思い切ってはみたものの、限りなく埼玉な東京に住む上京したての18歳。嫌みのない図々しさが人を呼び、呼ばれた人の頼みは断れないお人好し。とりたててなんにもないけれど、なんだかいろいろあったような気がしている「ザ・大学生」。どこにでもいそうで、でもサンバを踊るからなかなかいないかもしれない。なんだか、いい奴。

――世之介が呼び覚ます、愛しい日々の、記憶のかけら。
名手・吉田修一が放つ、究極の青春小説!


横道世之介というタイトルからしてどんな話しなんだろう?と不思議だったけど、心がジーンとする青春物語でした。世之介18歳。大学進学の為に長崎の田舎から東京に上京した純朴な青年。ああ、田舎から上京した若者ってこうゆう風だよね、と共感しまくり。ドキドキワクワクという感じ。東京にきても純朴さを失わない世之介の事が読んでいるとだんだん好きになっていきました。でも、もっと好きになったのは、祥子さん!!なんて素敵で可愛らしい女の子なんでしょう。祥子の良さになかなか気づかない世之介に少しイライラしました。難民のお母さんから赤ちゃんを渡されて走ろうとした世之介に、転びながら「お逃げになって!!」とお嬢様言葉で正しい事をいう祥子さんに胸を打たれました。

すこしづづいろんなものに流されながらも、真面目に生きていく人生って捨てたものじゃない。生きてるって最高と叫びたくなりました。
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。