スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おやすみラフマニノフ』中山七里

おやすみラフマニノフ (『このミス』大賞シリーズ)おやすみラフマニノフ (『このミス』大賞シリーズ)
(2010/10/12)
中山 七里

商品詳細を見る

<評価>★★★★☆
秋の演奏会を控え、第一ヴァイオリンの主席奏者である音大生の晶は初音とともに、プロへの切符をつかむために練習に励んでいた。しかし完全密室で保管されていた、時価2億円のチェロ、ストラディバリウスが盗まれる。脅迫状も届き、晶は心身ともに追い詰められていく。さらに彼らの身に不可解な事件が次々と起こり…。メンバーたちは、果たして無事に演奏会を迎えることができるのか。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」がコンサート・ホールに響くとき、驚愕の真実が明かされる。

『さよならドビッシー』では、文章のリズムがあまり合わなくて、少しがっかりしていたのですが、今回はすっごく良かったです。音楽の持つ、人の心を癒す力、ストラディバリウスなどの名器のすごさ、音楽大学の学生生活の模様・・様々な魅力がギュッとつまっていました。

語り手となる主人公の晶は、母子家庭で慎ましく育った男の子。幼い頃から働きづめだった母親との唯一の共有出来る時間はバイオリンを弾いている時。音楽大学に入学するのですが、母親は亡くなってしまっていて、アルバイトをするものの、学費が払えないかもしれないという、ギリギリの生活を送っています。音楽をするのって本当にお金がかかりますよね。楽器代に、練習部屋の確保とか。だからといって、就職先がある訳ではないんです。一握りの才能ある人間以外は音楽をあきらめるしかないんですもんね・・。厳しい。

演奏会を控えたある日、時価2億のチェロが盗まれます。その後も、ピアノがずぶ濡れになったり、殺人予告がきたりして、犯人を一生懸命考えながら読んだのだけど、分かりませんでした。

ラストも二転三転して、上手い!と思います。今回はラフマニノフの生きていた時代背景が細かく描かれていたので、ものすごくラフマニノフを聴きたくなりました。

関連作品 +『さよならドビッシー』+(感想)
スポンサーサイト

『さよならドビュッシー』中山七里

さよならドビュッシー (宝島社文庫)さよならドビュッシー (宝島社文庫)
(2011/01/12)
中山 七里

商品詳細を見る

<評価>★★★☆☆

ピアニストを目指す遥、16歳。両親や祖父、帰国子女の従姉妹などに囲まれた幸福な彼女人生は、ある日突然終わりを迎える。祖父と従姉妹とともに火事に巻き込まれ、ただ一人生き残ったものの、全身火傷の大怪我を負ってしまったのだ。それでも彼女は逆境に負けずピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する――。

私は幼い頃、ピアノを習っていたので、「あ、読みたい」と思いました。まあ、私の場合は中途半端な所でレッスンが嫌になって辞めちゃったのですが(汗)。後、少し遠出した所で必ず寄るようにしている書店で、大胆に平積みされていて、帯に、妻夫木君が絶賛!!とあったので、購入しました。

感想はというと・・・やはり、私の中ではクラシックとミステリーといえば、中山可穂さんの『ケッヘル』が忘れられないんですよね。なんとなく比べてしまうというか。。もちろん、ミステリーとしては、ラストにすごくびっくりしたし、誰が犯人なのか、じわじわとした恐怖は感じる事が出来ました。ベタといえばベタなトリックなんですが、見事にやられました。

ですが、クラシック関連なのに、頭の中でクラシック音楽が流れることはなく、その辺ではがっかりでした。でも、続編(?)の『おやすみラフマニノフ』も機会があったら読んでみようと思います。

わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。