スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『本棚探偵の生還』喜国雅彦


本棚探偵は古本を求め、ついに世界へと旅立った。行先は台湾!ロンドン!もちろん聖地・神保町も忘れてはいない。マラソンが新たな趣味に加わった著者は、古本とマラソンを一度に愉しもうと、古書店で本を買いながら八王子を目指す(「マラ本マン」)。このシリーズでお馴染みのアノ人の蔵書整理もあり(「二つの本の引っ越し」「奇遇な交差点」)。さらにパワーアップした古本エッセイ第3弾。


<評価>★★★★☆
喜国さんの古本エッセイ3冊目。「冒険」「回想」ときて今回の「生還」です。シャーロックホームズシリーズのタイトルですね。本書は本屋さんをぶらぶらしていてはっと気づいて買いました。アマゾンで調べていたらなんと最終巻「最後の挨拶」も出ているではないですか!読まないと。

今回も面白かった。お風呂でも読める文庫本、フロンティア文庫のラインナップがなかなか良くて、買おうと思って検索したら、ほとんどどこも売り切れだった・・・残念です。マラソンしながら古本を買うまら本マン。マラソンかー、えらいなあ。でも本って重いし、リュックに入れるとしても大変そうだな、なんて思いながら読みました。こんな企画、喜国さんならではですよね。一番興味深かったのは古書収集マニアの日下邸を訪問した回かな。こんな本だらけの家があるなんて!遊びにいきたい。片付け手伝いたいです。でも、自分はここまではなりたくないです・・電話まで本に埋もれてるなんて。。本棚を整理しようと思いました。

本を読むためだけに電車にのるという只見線、読書の旅も笑いました。真面目に読もうとしている喜国さんをしりめに、車掌さんやメーテルのコスプレをする仲間たち。楽しすぎます。本を読むための電車や旅・・すごく贅沢で素敵です。私も一回でいいからやってみたいなあ。こうゆうゆるめのお馬鹿なエッセイって楽しいです。
スポンサーサイト

『本棚探偵の冒険』喜国雅彦

本棚探偵の冒険本棚探偵の冒険
(2001/12)
喜国 雅彦

商品詳細を見る

<評価>★★★★★
夢幻の本棚を求めて稀代のユーモア漫画家が帝都を走る!大評判の傑作随筆。

以前、『本棚探偵の回想』の文庫本を読んで、非常に面白かった記憶があります。やっと、本書を読む事が出来ました。『本棚探偵の生還』が現在発売中!豪華な函入り!これは購入しようと思っています。

ものすごく楽しいひとときでした。喜国さんは、古書マニア。ミステリ専門みたい。乱歩とか。うわー、乱歩の初版本なら、私も欲しい~。でも田舎に住んでいるので、専門的な古書店やデパートの古書市がないんです(涙)。まあ、一度買い始めたら止まらなくなりそうなので、手を出さない方がよい気もします。だって集めだしたらキリがないですよね。ああ、書庫が欲しい。

喜国さんや周りの仲間のマニアな会話や言動に、くすくす笑ってしまいます。乱歩邸に行っては大はしゃぎし、古書市に朝から並び、函欠けの本には他の安い函あり本を買い、その函を手作りでかっこよく作ったり。。冷静に見るとおかしくてたまらないのだけど、思わず自分も函や豆本を作ってみたいな~と思います。

圧巻なのが、ご自分で手作りされた本棚たち。ぴったりと余計なすきまが全くありません。羨ましい。本棚って、本が好きな人が作ってないでしょ??と叫びたくなるくらい、すきまが出来ますよね?あのすきまがあれば後何冊の本を入れる事が出来るか・・。

こうゆう本を沢山読みたいのです。満足。
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。