スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『永遠の朝の暗闇』岩井志麻子

永遠の朝の暗闇
<評価>★★★★☆
はじめてできた恋人には派手な妻と勝ち気な娘がいた。望む女、捨てる女、壊す女、嫉妬と愛情に煩悶しながら傷つけあう女たちの物語。

岩井志麻子さんといえば、私の中ではホラーを書く作家さんだったのですが、本書はホラーではないですが、女性の心情がとても上手く描かれていて、すごいな、と思いました。注目の作家さんになりそう。

香奈子は、母子家庭で育った。父親がいない分、頑張って生きないといけない、と母親から口を酸っぱくして言われて育ちました。姉はそんな母親に見せ付けるように、医者と結婚してセレブになります。香奈子は、姉ほど強い意志はなく、でも母親を悲しませたくない、と思っています。そんな時に知り合った今井という冴えない男。外見は冴えないものの、おっとりと誠実そうな今井に、だんだんと香奈子は惹かれていきます。

もうこの、今井という男性がすごく嫌い。読んでいてイライラした。本当は結婚しているくせに、独身のふりをしてるし、子供までいるのに、何故か堂々と香奈子に近づいて。で、ばれたらこれまた誠実そうに見える感じで謝ったりして。だめだよ~この男性だけはやめた方がいいよ~と言いたかった。若い頃にありがちな、香奈子の今井に対する引くに引けなくなった愛情。ずっと普通の平凡な家庭を夢みてきたのに、バツイチ、子持ちの所に嫁ぐことになっちゃった。

次の章は、元妻のタレント今井シイナが語り手。香奈子の章を読んでいる時は、シイナの事をすごく勝手で、母親失格、なんて思っていたけど、これがまた逆に、読んでいるうちにシイナにかなり好感を持ってる自分に気づきました。ウジウジしてる女性より、シイナみたいに、誤解される事が多くても、さっぱりした性格の女性っていいな。美味しいコーヒーを飲むシーンでは、私もコーヒーが飲みたくなりました。

最後は義母となった香奈子と暮らす、中学生になる女の子、美織。ここが一番共感出来たかな。実の母は母。義母は義母。別にどちらを好きとか嫌いとか、そうゆうのではない。美織はしかも勉強がやればやっただけ出来たので、周りからは優等生だといわれる。しかも嫌味にうつらないよう、気さくさを忘れない美織。これはやはり、複雑な家庭で気を使いながら育ったせいでしょうね。ちょっと冷めた感じとか。でも美織は自分なりにモヤモヤとしたものを一生懸命考えているのです。誰の前でも、無邪気に泣けない・・それって子供にとっては辛いなあ、と感じるのです。でも、美織なら、なんとかかんとか強く正しく生きていける気がします。
スポンサーサイト
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。