スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アンチエイジング』新堂冬樹

アンチエイジング
アンチエイジング…その功罪を問う衝撃作。ふと鏡を見て、妻は思う。「夫が愛してくれなくなったのは、この皺?身体?」街で女を振り返り、夫は思う。「あと十歳若ければ、俺だって…」夫婦は、手段を選ばず「老い」に抗おうとした。幼子のことも省みずに…どうしても愛を取り戻したかった妻と、たった一度の過ちを犯した夫。隠し切れなくなった嘘がボロボロと互いを覆い尽くし、二人を結ぶ絆は完全に崩壊してゆく。アラフォー世代に贈る、ある哀切な夫婦の物語。
<評価>★★★☆☆

ネタとしてはとても面白いと思う。高齢化が進んだいま、アンチエイジングという言葉には、誰でもが少なからず興味を示すと思う。

妻の朝海は、夫がテレビやグラビアの若いはちきれんばかりの身体をした女性を熱心に見ているのを感じ、私だって若い時にはすごかったのに・・と歯噛みします。そこで、アンチエイジングの為に、ホルモン療法を受ける事に決めます。しかし、その料金は200万と高額で、思いつめた朝海はサラ金・闇金にお金を借りるのです。このお金を借りる場面が、とっても怖くて怖くて・・。あんなとこでお金を借りるなんて信じられない~。

ホルモン療法を受けると、(注射を打つ)肌に張りが出て、体脂肪も減少するんです。確かに良いかもしれないけれど、個人的には、毎日のお手入れと運動ででも、いいんじゃないかしら、なんて感じました。そして、金銭対策に駆け回っている時に出会った、不思議な青年にお金を工面してもらい、なんと整形手術までしちゃうんです。街を歩けば振り返られるようになった朝海だけど、娘と夫とは離れ離れに。。夫に最高の女と思って欲しくてやった事なのに、結果が違う道にそれてしまうんですね。

夫は夫で、内心では目茶苦茶若い娘が好きで、それを隠しながら生活していたのです。それが、妻が家を出て行って、居酒屋で自棄酒を飲んでいた時に知り合った若い娘とホテルにいってしまうのです。そしてもっと若々しい身体に憧れて、これまたホルモン療法を受けるて、自身満々になるのですが、その若い娘はヤクザと繋がっていて・・。

読んでいて、非常に痛々しかった。割と文章も平坦で、これといった共感も出来ませんでした。
スポンサーサイト
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。