スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『八月の六日間』北村薫


40歳目前、文芸誌の副編集長をしている“わたし”。ひたむきに仕事をしてきたが、生来の負けず嫌いと不器用さゆえか、心を擦り減らすことも多い。一緒に住んでいた男とは、3年前に別れた。そんな人生の不調が重なったときに、わたしの心を開いてくれるもの―山歩きと出逢った。四季折々の山の美しさ、怖ろしさ。様々な人との一期一会。いくつもの偶然の巡り合いを経て、心は次第にほどけていく。だが少しずつ、けれど確実に自分を取り巻く環境が変化していくなかで、わたしは思いもよらない報せを耳にして…。生きづらい世の中を生きる全ての人に贈る“働く山女子”小説!


評価 ★★★★☆
読んでいてとても心地の良い読書の時間でした。北村さんの文章は女性っぽくてやさしく、心に染み入る感じです。

出版社に勤めるアラフォーの主人公、職場でのストレスや大切な親友の死、曖昧なまま終わった恋人への気持ちなどさまざまなものをかかえながらただ淡々と山に登ります。山に登る準備の時、欠かせないのが甘いお菓子と小説です。小説を選ぶシーンはとても興味深かったです。選ぶ本が渋いと思いました。少し重くなっても本は必須ですよね。本当にひとりでただ淡々と山を登るだけなのに、読んでいるこちらの心もすっきりしてくるのは不思議です。私も思わず山に登りたいって思いました。まあ、体力ないので無理ですが。。でももし登るなら、私も主人公みたいに1人で登りたいです。きっと危険なことなんでしょうが。山に登って美味しいご飯を食べて温泉にじっくりつかる・・ああ、素敵です。いつまでも読んでいたいと思わせるお話でした。
スポンサーサイト

『もぎりよ今夜も有難う』片桐はいり


映画「かもめ食堂」の初日挨拶で、シネスイッチ銀座の舞台に立ったとき、かつて銀座文化でもぎりのアルバイトをした7年間がキラキラした宝物のように思い出され――。「映画館の出身です! 」と自らの出自を述べる俳優が、映画が活況だった頃の懐かしい思い出や、旅先の映画館での温かいエピソードをユーモアとペーソスを交えて綴る名エッセイ。


評価 ★★★☆☆
個性的で大好きな女優、片桐はいりさん。『グアテマラの弟』を読んで、面白い!と感じたので、こちらも読んでみました。いや~映画への愛情がびしびし伝わってきました。ながいこと映画館でもぎり嬢をやっていらしたんですね。もぎりあるあるネタみたいなのがおかしかったです。無料で映画をみたり、試写会の券をもらったり、映画をみながらお昼ご飯をたべたり・・・。すっごくたのしそうです。昔の映画館ってこうゆう風だったなーとしみじみしちゃいます。昔って、食べ物とか持ち込みOKでしたよね。私も母親と光ゲンジの映画を観にいって、そこで食べた母親手づくりのおにぎりの味をおぼえています。大学時代も、授業をさぼっては二本立て映画を観にいってました~。なつかしい。はいりさんは演技だけじゃなく、文章も上手だと思いました。

『わりなき恋』岸恵子

わりなき恋わりなき恋
(2013/03/23)
岸 惠子

商品詳細を見る

孤独と自由を謳歌する、国際的なドキュメンタリー作家・伊奈笙子、69歳。秒刻みのスケジュールに追われる、大企業のトップマネジメント・九鬼兼太、58歳。激動する世界情勢と日本経済、混沌とするメディア界の最前線に身を置く二人が、偶然、隣り合わせたパリ行きのファーストクラスで、ふと交わした『プラハの春』の思い出話…。それがすべての始まりだった。容赦なく過ぎゆく時に抗う最後の恋。愛着、束縛、執念…男女間のあらゆる感情を呑み込みながら謳い上げる人生賛歌


評価 ★★★★☆

とても上品な恋愛小説でした。女性が70歳をむかえる年齢の恋愛小説って読むのが初めてでした。

主人公の笙子は優秀なドキュメンタリー作家として成功しています。ある時パリ行きの飛行機でたまたま隣り合った男性、それが九鬼憲太でした。どちらもファーストクラスに乗って、隣の席は空席を願っていたのですが、このときはたまたま満席だったのです。読んでいて「お金持ちだわ~」なんて思ってしまいます。一回でいいから私もファーストクラスにのって、シャンパンとチョコレートを頂いたりしてみたい・・。九鬼も大企業のお偉いさんなんです。2人がかわす会話が知的で教養がかいまみれて読んでいて憧れました。

笙子は若いときに医師の夫を飛行機事故でなくし、ひとりで子育てをし、生きてきました。一方九鬼には、妻子がいます。そう、いわゆる不倫になってしまうんです。九鬼が笙子に「俺の家庭をこわしてはいけない」と言ったときには、勝手だな~と思いましたが、ちゃんと理由があるんです。九鬼の妻は、精神を病んでいて、とても別れなんてきりだせないのです。でも、笙子がプライドが高く、凛としているので、悲壮感はそんなになかったですね。ラストも納得のいく形でしめくくられていました。

私が70歳のとき、恋愛なんてしてるのかなーと不思議な感覚で読み終わりました。

『陽だまりの彼女』越谷オサム

陽だまりの彼女陽だまりの彼女
(2008/04)
越谷 オサム

商品詳細を見る

幼馴染みと十年ぶりに再会した俺。かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ冴えないイジメられっ子だった彼女は、モテ系の出来る女へと驚異の大変身を遂げていた。でも彼女、俺には計り知れない過去を抱えているようで―その秘密を知ったとき、恋は前代未聞のハッピーエンドへと走りはじめる!誰かを好きになる素敵な瞬間と、同じくらいの切なさもすべてつまった完全無欠の恋愛小説。


<評価>★★☆☆☆

ラストのオチに納得がいきませんでした。前半部分は、幼い時にだめだめだった彼女が出来る女に変身していて、楽しく読んでいたのですが。文庫化されて急に売れたらしいですね。映画化も決定です。

恋愛小説は好きなので、そのあたりは、きゅんきゅんと楽しかったです。ほのぼの系かな。

『眠れる美女』川端康成

眠れる美女 (少女の文学 1)眠れる美女 (少女の文学 1)
(2008/06/20)
川端 康成、(写真:新津保建秀×出演:多部未華子)

商品詳細を見る

死とエロスの淵で、自らの記憶をたゆたう老人の、退廃的で濃密な愉しみとは。時を越えて蘇る、川端デカダンスの極。


<評価>★★★★☆
 
図書館で偶然みつけた少女の文学シリーズです。中に多部未華子さんのなんとも清潔な色気がある写真が入っていて、すぐにかりました。うなじとか鎖骨とか、すごく綺麗でした。

今まで川端文学はあまり読んだことがなかったのですが、こうゆう官能・あやしい系を書いていらっしゃたのですね。昔から男性の憧れは同じなような気がします。

ある秘密の宿屋に行くと、薬でぐっすり眠っている全裸の少女の隣で一晩過ごすことができるのです。そこの常連客はみな、老人で性的能力がないのですが、主人公の老人だけはまだ能力があるんです。この老人が少女にいったいなにをしてしまうのか、ハラハラしながら読みました。

エロティックな中にも不思議な静けさがあって、不思議な読書体験でした。人は皆、失ってしまったものを追い求める生き物なのでしょうか・・・。
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。