スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロスジェネの逆襲』池井戸潤


子会社・東京セントラル証券に出向した半沢直樹に、IT企業買収の案件が転がり込んだ。巨額の収益が見込まれたが、親会社・東京中央銀行が卑劣な手段で横取り。社内での立場を失った半沢は、バブル世代に反発する若い部下・森山とともに「倍返し」を狙う。一発逆転はあるのか?大人気シリーズ第3弾!


<評価>★★★★★
安定の面白さです。ワクワクしながら読みました。前回でちょっとやりすぎちゃった半沢。今回は出向になります。東京セントラル証券という会社です。そこにもちこまれた電脳雑技集団という会社からの買収の案件。大きな収益がみこまれたのですが、なんと親会社の東京中央銀行に横取りされてしまいます。

今回の倍返しも興味深かったです。子会社が親会社と対決するっていうのは現実的じゃないかもしれませんが、そこは池井戸さんの筆でノリノリで描かれています。今回はロストゼネレーションといわれる世代の森山が登場します。森山の成長物語として読んでもおもしろいです。半沢が森山に語ったないようが素晴らしかったです。

ラストの半沢の人事の場面では、悪役が最後までしつこく悪役でおかしかったです。半沢が拍手で迎え入れられた場面では、胸があつくなって涙がうっすらでそうでした。これはいつまでも続いて欲しいシリーズです。
スポンサーサイト

『オレたち花のバブル組』池井戸潤


「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。


<評価>★★★★★
今回も満点です。やはり面白かったです。息もつかせぬ展開とはこうゆうことですね。いや~テンポが素晴らしいです。今回の敵はお上、金融庁検査です。検査は抜き打ちという建前があるものの、事前に漏れます。これがあの有名なノーパンしゃぶしゃぶ接待だったんですね。ぼんやりとですが覚えています。金融庁の黒崎が、しゃべり方がかなりオネエ言葉で、嫌さ倍増でした。最後半沢たちが隠した疎開資料が見つかるってところはドキドキしながら読みましたが、さすが半沢、返り討ちにしてくれます。読んでてほんっと気持ちいい。明日からも頑張ろうって思えます。

前回から心配だった近藤さん。心の病でエリートコースから外され、タミヤ電機に出向となります。銀行さんと呼ばれ、なかなか仲間に入れてもらえません。でも近藤は負けませんでした。三千万の不透明な融資をみつけ、その内実を明らかにしていきます。最後に近藤がみせた決断・・これは賛否両論ありそう。でもでも、近藤をいっさい責めなかった半沢はかっこよかったです。

半沢の奥さんの花の気の強さ、天真爛漫さがなんだかふふと笑えます。密かに好きなキャラです。

『オレたちバブル入行組』池井戸潤


大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。


<評価>★★★★★
めちゃくちゃ面白かった!!テレビ放送されてたときは何故か興味がわかなくて見なかったんだけど、これは面白い!!視聴率良かったのも納得です。いやあ、勧善懲悪ものって読んでいてスッキリしますね。明日からも頑張ろうって思えます。

バブルのころの就職活動ってこんなだったんですねー。協定破りとか囲い込みとか。かなりうらやましいー。でも半沢直樹が足を踏み入れた世界は一筋縄ではいかない銀行という世界。上司の浅野が強引に融資を決めてしまった西大阪スチール会社。しかしその会社は粉飾をしていて・・融資課長の半沢に責任のほこさきが向いてきます。でも半沢は負けません。地道な捜査をして西大阪スチールの東田社長の悪事を見破っていきます。銀行員ってここまでするんだーという驚きがいっぱいでした。竹下金属の竹下さんもいい味だしてました。

東田社長の悪事に手をかしていたある人物をおいつめるところなんかほんと倍返しって感じでドキドキしながらよみました。読みやめられない小説でした。
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。