スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『彼女の家計簿』原田ひ香


その家に遺されていたのは、日々の暮らしが記された家計簿。そこには「男と駆け落ちして心中した女」の秘密が隠されていた。


評価 ★★★★☆
ふんわりとした色使いの優しい感じの装丁ですが、中身はなかなか重く、じっくりと考えさせられるお話でした。

里里は私生児を産み育てるシングルマザーです。両親は離婚しており、母親から愛されずに育ってきました。母親から愛されずとも、我が子を一生懸命愛して育てている里里にほっとしました。どうして母親は家族というものをかたくなに拒否するのか?それは母親の母親(祖母)が男と駆け落ちして心中したからなのか?祖母はほんとに家庭を捨てるような女性だったのか?

ある日里里のもとに何冊かの家計簿が届きます。それは祖母の家計簿でした。家計簿というより日記ですね。それを読むと、戦時中の食糧不足のこととか、学校の先生として働く祖母の生真面目さ、家事も手を抜かないところが読んでいて大変気持ちがいいです。私も頑張ろうって思えました。しかし、夫は戦争から帰ってきてから人が変わったように働かなくなってしまうのです。そんな夫を姑はかばうだけで・・・。そんな時、祖母の働く学校で祖母はある男性と出会ってしまうのです。

いつの時代も、みんな必死で葛藤しながら生きているんだな~としみじみ思いました。やはり頑張っている女性には幸せをつかんでもらいたいです。原田ひ香さん、注目の作家さんになりそうです。
スポンサーサイト
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。