スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『№6 ♯1』あさのあつこ


2013年の未来都市“NO.6”。人類の理想を実現した街で、2歳の時から最高ランクのエリートとして育てられた紫苑は、12歳の誕生日の夜、「ネズミ」と名乗る少年に出会ってから運命が急転回。どうしてあの夜、ぼくは窓を開けてしまったんだろう?飢えることも、嘆くことも、戦いも知らずに済んだのに…。


<評価>★★★★☆
ヤングアダルトということでオトナな私が楽しめるのかな?とちょっと不安でしたが、これがなかなか面白かったです。あさのあつこさん、SFもかかれるんですね。お友だちのブログで知って興味を持った本です。

ナンバー6という完全で完璧な管理社会に住んでいる紫苑と母親。ある台風の日に窓を開け放ったことによって瀕死のネズミという男の子を助けることになります。しかしそれが管理局にばれて、紫苑はエリートコースから外されてしまいます。公園掃除ロボットを操作する仕事についた紫苑はある時、変死体に遭遇します。若いのにあっという間に年老いて、緑のシミが出来て体からハチが出てくる病気です。同僚までもが変死体になってしまい、紫苑は管理局から殺人罪でおいかけられることになります。そんな時昔助けたネズミが出てきて紫苑を助けてくれます。

ネズミがなんか達観していてかっこよかったですね。部屋が本だらけ、しかも読んでいる本が「マクベス」とはかっこいいではないですか。徹底した管理のもと運営しているナンバー6という街に何が起こっているのか?寄生バチとはなんなのか?これからとってもおもしろくなりそうです。楽しみです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「NO.6〔ナンバーシックス〕#1」あさのあつこ

NO.6〔ナンバーシックス〕#1 著者:あさのあつこ 評価: 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 2013年の未来都市《NO.6》。人類の理想を実現した街で、2歳の時から最高ランクのエリートとして育てられた紫苑(しおん)は、12歳の誕生日の夜、「ネズミ」と名乗る少年に出会ってから運命が急転回。どうしてあの夜、ぼくは窓を開けてしまったんだろう?飢えることも、嘆く...

コメントの投稿

非公開コメント

大好きです!

わかさん、ご無沙汰しております~♪

『NO.6』大好きなシリーズです!!!
ちょうど今日の朝完結後の番外編を読み終えたところでした*^^*
作者のあさのあつこさん、『バッテリー』などで有名ですが…
私が読んだ初あさの作品は『NO.6』で(笑)
その影響なのか、あさのさん=SFという印象になっちゃいました^^;

この作品は設定が本当に面白いんですよね、
管理された社会の表と裏、ディストピア的世界観って大好きです。
紫苑とネズミというキャラも本当に魅力的だし、
全て読み終えた後にマンガやtoi8さんの画集を買ってしまうほどにハマりました♪

ちょっとBLぽい雰囲気がないでもないですが(笑)
そのあたりが許容範囲ならば、とても楽しめるシリーズだと思います!
続きのレビューも楽しみに待っていますね~^^

nanacoさんへ

nanacoさん☆
ほんっとお久しぶりでございます!!
こんな不定期ブログにきてくださってほんとにありがとう☆

この本、もちろんnanacoさんのブログを見て図書館で借りたんですよー^^。
とっても面白そうだったので。
いや~面白かった><あさのあつこさんってすごいですよね。
少年の描写が抜群に上手いと思いました。
SFって面白いですね~☆

管理されつくした社会の影の部分・・読んでてドキドキしちゃいます。
マンガになってるんですか??それは読んでみたいです。
画集いいですねー♪私は絵はへったくそですが、見るのは好きです。
nanacoさんの絵、大好きです^^。

BLちっくですか きゃはは!!確かに言われてみれば・・・(笑)。
大丈夫です。めっちゃ許容範囲です。
nanacoさんのブログ、遊びにいきますねー☆
わかについて

やま☆わか

Author:やま☆わか
 HN:わか

 活字中毒です。家事の合間では本ばかり読んでいます。気軽にコメント頂けたらうれしいです。
 

今、読んでいる本
カテゴリ
お気に入りの本好きさんたち。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。